2016年03月27日

ヒメオドリコソウとミツバチ

春が、ものすごい勢いで近づいてきていて、ミツバチと花の関係を追いかけている私たちは、とっても落ち着かないです。

IMG_3840.jpg


菜の花も、そろそろ終わりに近づいて、種の部分が膨らみ始めています。

くにたち蜜源ガーデンの周辺は、都内にしては、まだまだ田んぼや畑が残っているエリア。
思いがけない花に出会うこともよくあります。

スモモの木が、こんなに身近にあるなんて!!!

IMG_3860.jpg


こんな花に囲まれた状態は、ミツバチにとって幸せ〜な空間なのでしょうね、きっと。

IMG_3692.jpg


オシベに大歓迎されています。

IMG_3667 (2).jpg


花とミツバチのラブラブな瞬間〜。
思わず、じ〜っと見ちゃうんですよねぇ。

木の花は、一気に咲くので量が多くて瞬間的にはよいのだけれど、散るのも早い。
すももの後は桜、その後は梨、アカシア、トチ、ネズミモチなど、これからは次々に入れ替わっていきます。

春をいち早く告げてくれるオオイヌノフグリとヒメオドリコソウは、まだ咲いています。
1月下旬には咲いていたオオイヌノフグリ。
ヒメオドリコソウも、2月中旬ごろから。
小さいから、地面をじっくり見ないと、気が付かないけれど、一面の花畑状態なんですよね。

IMG_3473.jpg


ファインダーを覗いていると、ヒメオドリコソウの花にしがみつきながら、お腹をかなり頻繁にひくひくさせています。滞留時間も、けっこう長い。
ひょっとして蜜がたくさんあるとか?

ということで、例の検査をしてみることにしました。

みつばち百花のメンバーの一人、N子ちゃんは、ミツバチ扱いの達人。
捕虫網に捕まえたミツバチをピンセットで鮮やかな手つきで素早くつまみだし、手に持ち替え、ガラス管を巧みに操り、蜜を採取できちゃうのです。だから、ミツバチは無傷のまま、手を放すと飛び立っていきます。
こんな技をできるのは、N子ちゃんしかいませんっ!(きっぱり)
尊敬しています。なので、N子先生、お願いします!と、手元をうっとり見つめる私です。

IMG_3960.jpg


IMG_3967.jpg


そんな私は、冷却ガスでミツバチを瞬間冷凍しておとなしくさせても、お腹を押したとたん、ぶちっと刺されてしまうのです。

こんな技をどこでいったい会得したのか。さすが富士見高校出身です!

虫が大好きで、同居虫もいろいろいるらしいです。
現代の虫愛ずる姫、です。

さて、結果は・・・
(ずいぶんひっぱってしまった…てへ)

ヒメオドリコソウの糖度は50度以上でした。
おお〜!やはり〜!
同日同時間に菜の花も調べてみたけれど、糖度は30度程度でした。
もう終わりかけているから、かな?

姫様は、どのような条件だと群生されるのかしら…
ということでググってみたら、こちらにとても詳しく書いているサイトがありました。

種を蒔いて育ててみよう・・・って、どうやって種を取るのだ?
種をつけ始めたら、チェックしてみようかしら。

IMG_3987.jpg


裏側からみてみると、姫さまがおいで、おいでをして、ミツバチをお待ちしているのがよくわかります。

2月ごろから5月ごろまで咲いていて、蜜も、花粉も、かなりたっぷりくれるなんて、隠れた大蜜源じゃないですか。かわいいしね。
菜の花と同じ時期に咲くから、目だたないのかも?

同じシソ科で、日本在来種のオドリコソウには、なぜか来ないんですよね〜。
二ホンミツバチも、かしら?

RIMG0250.jpg


これは、セイヨウミツバチの巣箱のすぐそばで咲いていたオドリコソウ。
確かに見向きもされていなかった。
好きそうな花の形をしているのに・・・

IMG_3586 (2).jpg


うきゃっ! 姫さまにはミツバチが似合うなあ

早春のこの風景、好きなんですよね〜。

IMG_4042.jpg


2016年03月07日

蜜源植物の増殖の課題をお話しさせていただきました

3月2日に日本養蜂協会主催のシンポジウム「蜜源植物の保護増殖を考える」が無事終了しました。
お天気もよく、会場のKKRホテル東京からの眺めは最高でした。

DSC_0135.jpg


この風景の中でいったいどのくらいのミツバチが生息していけるのでしょうねぇ?
佐々木先生と中村先生からは、ミツバチの生息環境についての熱いお話しがありました。

農薬の課題も、もちろんありますが、ダニ、病気の課題が年々大きくなってきつつあります。
その課題を少しでも軽くするためには、ミツバチが健全な状態でいること。
人間と同じく食べ物が一番重要なことなのです。ミツバチにとっての食べ物とは、花蜜と花粉。
蜜源・花粉源植物の増殖は、ミツバチにとって本当に大きな課題なのです。
ミツバチだけでなく、送粉昆虫と言われる花の再生産を担っている昆虫たちにとっても、です。
それはとりもなおさず、私たち人間の食料問題にも密接な関係をもっています。

私は、くにたち蜜源ガーデンでの体験、経験をもとに蜜源増殖の難しさや課題をお話しさせていただきました。
花を咲かせるというのは、簡単にできそうですが、自然と対峙することに代わりはなく、一筋縄ではいかないものがあります。丸5年間、蜜源花粉源植物を栽培してみて、手をかければかけるほど、花は咲いてくれるけれど、ミツバチに満足してもらえる量となると、人手も、資金も必要になり、課題はどんどん積もっていくというのが実感です。

ミツバチと出会わなければ、花の栽培までしようと思わなかったはず。
いつもながら、自然を体感させてくれるミツバチです。

ガーデンでは、菜の花やヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリの花がにぎわっています。

IMG_3085.jpg


植えたわけではないのに花がいっぱい。こういうのが本当は理想的なのかも〜。

IMG_3114 (2).jpg


いい子、いい子されながら、真っ赤な花粉を付けられています。

ブルーべりのつぼみが膨らんできました。
3年目だから、今年は期待できるかな?

IMG_3179.jpg


ラムズイヤーのお手入れ中。
たくさん花を付けてくれるけれど、葉の入れ替わりをスムーズにさせないと、なので、手がかかります。

IMG_3228.jpg



posted by みつばち at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばち百花プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

啓蟄

昨日は、くにたち蜜源ガーデンの作業日でした。
作業というよりも、今年こそ雑草との正面からの闘いを避けるためにあーだこーだと検討し、まずは防草シートを敷いてみることにしました。

RIMG0025.jpg


とりあえず昨年に使用したものを有効活用して敷いてみました。
すでに雑草が復活中だったので、その除去がけっこう大変でした。
まだ、両サイドの押さえなど、作業は途中だけれど、とにかく土の部分に太陽の日差しを当てないことが先決ということ。光が当たると、眠っていた種が一斉に発芽してしまう。土を耕せば、土の中の種が土の浅いところに出てくる。このサイクルを断ち切るためにも、とにかく光を当てない!

土の見えているところ=雑草エリアになるので、今年は、昨年から実験的に植えて様子を見ていた「雑草抑え要員」を投入することにします。

要員1と2です。

RIMG0027.jpg


RIMG0028.jpg


1はすでに復活中。2も、緑の葉を枯れた茎の間から出して復活中。期待しているよ〜。

RIMG0020.jpg


数年前に植えたクロッカスが花を咲かせていました。
一応花粉源だけれど、たったこれだけなのでミツバチには気づいてもらえなさそう。
オオイヌノフグリが満開なので、そちらにたくさん来ていました。

RIMG0031.jpg


ラムズイヤーの葉にも、けっこう来ていて、なにをしているんだろう…と見たけれど、わからない〜。
水分かな?

近くのやぼろじでは、庭の池の主が寝ぼけ眼で梅の花びらの中を泳いでいました。

RIMG0043.jpg


二十四節季の啓蟄もまもなく。
春近し…


posted by みつばち at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばち百花プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

「みつばち高校生」

2010年春に出会い、連携して活動していた長野県富士見町の富士見高校養蜂部の活動が本になりました!
森山あゆみ著「みつばち高校生 富士見高校」リンデン舎刊 です。

ミツバチを飼うことで高校生たちはなにを学び、どう成長したのか。ぜひ、読んでみてくださいね。
みつばち百花も、ちょこちょこ顔を出させていただいています。

創部したてから全国大会での優勝までの3年間、一緒に活動することが多かったのですが、毎回、そのパワーに驚かされると共に、とても刺激的で楽しかったです。

IMG_1956.jpg


なお、文中に百花の活動として「かぼちゃ畑」が出てくるのですが、場所は国立市ではなく、国分寺市での取り組みで間違いです。
また、「ハニーウォーク」という名称は、百花の活動として始めた蜜源・花粉源植物調査のことです。



posted by みつばち at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばち百花プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

シンポジウム「蜜源植物の保護増殖を考える」のお知らせ

シンポジウムのお知らせです。

主催:日本養蜂協会
「蜜源植物の保護増殖を考える」
3月2日09:00〜12:00(受付08:30〜)
会場:KKRホテル東京 11階孔雀の間)

講演1 「養蜂からみた日本の花資源環境」
佐々木正己氏(玉川大学名誉教授)

講演2 「蜜源増殖の課題 誰のための増殖なのか」
朝田くに子(NPO法人みつばち百花代表理事)

講演3 「養蜂振興法と蜜源増殖」
中村純氏(玉川大学ミツバチ科学研究センター教授)

お申込みは日本養蜂協会まで
参加申込書を添付します。
IMG_20160211_0001.pdf

私Lazybeeが、お二人の権威の方と共にお話しをさせていただくハメになり、恐縮至極でございます。精神的にちょっと具合が悪くなっているところです。
とはいえ、両先生方のお話しを聞くまたとない機会なので、みなさまふるってご参加くださいませ。

posted by みつばち at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばち百花プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

冬なのに・・・

ミツバチと一緒にすっかり冬眠状態の百花です。
とはいえ、暖かい日が多い冬なので、ミツバチはけっこう飛び回っているのですが…(笑

IMG_1310.jpg


谷保天満宮の梅は1月半ばで、もう咲き始めていました。

花ばかりでなく、雑草も、早速盛り返していて、今年、最初の作業は雑草抜き・・・

IMG_1349.jpg


IMG_1348.jpg


もう、雑草との闘いは終わらせたい・・・せめて小競り合いくらいにしたい!
そういう決意のもと、今年はいろいろ対策を立てようと考え中です。

もうオオイヌノフグリが咲いていたりして、ミツバチが忙しそうに低空飛行をしていました。

IMG_1314 (2).jpg

2015年12月07日

蜜ろうづくり

11月29日に蜜ろうづくりをしました。
この半年間で溜まった蜜ろうのゴミ除去から始めようというもの。
実は、蜜ろうではなく、蜂ろうという言い方が正しいのだとか。

蜂さんが分泌した蝋ですもんね。

でも、やっぱり蜜ろうの方が響きがかわいい♡

会場は、くにたち蜜源ガーデンから徒歩5分ほどにある「里の家」

RIMG0005.jpg


最高のお天気で、まるで小春日和でした。

里の家の前には、こぼれ種から咲いた菜の花が満開。

RIMG0025.jpg


今年は、かなり暖かい日が続いていますもんね。
ミツバチたちも、菜の花でお仕事していました。

RIMG0018.jpg


一斗缶にお湯を入れて、コンロで沸かし、巣蜜を投入。

RIMG0006.jpg


蜜ろうが解けたら、さらし布で濾します。

RIMG0033.jpg


1回目のゴミ除去完了。

RIMG0064.jpg


固まるのを待って、取り出します。

RIMG0066.jpg


まだ、ゴミが残っているけれど、この日はここまでで終わり。
この形で保管して、暇を見つけて、この作業を繰り返し、きれいな蜜ろうにしていきます。

ランチは賑やかに。
もちろんハチミツづくし。ハチミツ梅ジュースの贅沢な味わいにうっとりしました。

RIMG0035.jpg


作業が終わったあと、蜜ろうキャンドルづくりに挑戦。
大人のお遊びタイム。

RIMG0044.jpg


子どもの方がうまいかもよ。

RIMG0055.jpg


ミツバチをつくってみました。
原型は、なんとマトリョーシカ。びっくりぽん、でしょ。

RIMG0049.jpg


小さいリンゴで型取りにも挑戦。

RIMG0031.jpg


寒天の固さが足りなかったので、ちょっと偏ってしまいました。

RIMG0037.jpg


でも、なんとかリンゴキャンドルが完成!

RIMG0055 (2).jpg


は〜、楽しかった!

ミツバチさん、ありがとう!

2015年11月05日

秋も、ピンクで!

抜けるような青空の日が続きますね。
秋が深まっていき、雑草との闘いも、そろそろ終わりかな〜?と思っていたら、大きな間違いでした。
チガヤのはびこり方がすごくて、同じ場所を何度やっても、またしても根っこが地下で縦横に伸びている。
はあ・・・

RIMG0004.jpg


今年は、このフォブシス・スティローサというアカネ科の植物を植えてみました。

RIMG0045.jpg


繁殖力がすごい!
雑草も、かなり抑えてくれる。
かわいい花も咲く。

RIMG0340.jpg


が、蜜源じゃない…

ヒメイワダレソウも、今年、がんばった。

RIMG0085.jpg


が、雑草との勝負は五分五分。
蜜源としては…結果が見えず。おなかを調べてみたけれど、そんなに量がない。

RIMG0088.jpg


クローバーは、いいんだけれど、雑草との闘いに負ける場合が多々ある。そして、刈った方が花が咲きやすい、ような気がする…。時々、遊びにくる山羊のアマエルが大好き。

RIMG0018.jpg


と悩む人間たちだけれど、ミツバチは、せっせと冬ごもりの準備中。

IMG_0219 (2).jpg


ヒメツルソバが、蜜を出す季節になりました。

そして、まさか、まさかの藍でお仕事。

IMG_0229 (2).jpg


2匹のおなかを調べてみたけれど、なにも入っていなかった…
この時期は、苦労が多そうだなあ。
今日も、1匹のオオスズメバチが巣箱に来ていました。
もちろん養蜂家により、ネズミ捕りのシートに貼り付けられてしまったのでした〜。
こちらも、そろそろ新女王たちの旅たちが終わりに近づいた、かな。




2015年10月26日

NYでミツバチに遭遇

もう一か月も経ってしまったのですが、Lazybeeは、9月下旬に米国コネチカット州の友人の家に1週間ほど滞在していました。NYマンハッタンでの観劇が大きな目的だったので、当地のミツバチに会えるとは思っていなかったのですが…

ハイラインで遭遇!それも萩の花で!

RIMG0195.jpg


見事な萩でした。花の色が日本の萩より濃くて、なんとなくアメリカっぽいです。

RIMG0171.jpg


ハイラインというのは、ニューヨークの新名所です。ハドソン川がすぐそばを流れるこの場所は、廃線になった貨物専用の高架鉄道が2009年から空中庭園として順次蘇り、2014年にミッドタウン34丁目までオープン、マンハッタンの西端を南北に貫くグリーンベルト地帯となっています。

RIMG0180.jpg


こんなふうに廃線がところどころに見えています。

RIMG0177.jpg


RIMG0173.jpg


大胆に日光浴をする人々。

RIMG0136.jpg


のんびり散策する人々。

RIMG0138.jpg


が、NYといえば、こんなビルが林立する場所。

DSC_4466.jpg


この一帯も、ここ以外にそんなに緑地帯のないところ。このたくさんのミツバチたちは、どこから来ていたのか。ほかの花はほとんど咲き終わっていました。

使われている花のリストが掲載されたリーフレットが4ドルで販売されていたのでゲット。
やはりサルビアやカラミンサなどのシソ科や、エキナセアなど、ガーデンでも咲かせている花がけっこう植えられているようです。

DSC_4595.jpg


シソ科といえば、コネチカットの滞在先にあったシソの花にも、ミツバチが来ていました。

RIMG0250.jpg


あ!いた!と思ったら、わりにあっさりと飛んでいってしまいました。
何匹も絶え間なくきていたのは、北海道でもよくみかけたマルハナバチでした。

RIMG0245.jpg


近くのWholefood Marketでは、こんなアーモンドの瓶を発見。

DSC_4419.jpg


アーモンドのバターなんて、初めてみました。
映画「みつばちの大地」を観た方は、アーモンドの商品はちょっと気になるところですよねぇ。この1瓶のうち5セントがミツバチの研究に使われるそうです。

DSC_4420.jpg


こちらはキラービーのハチミツ。買おうと思いつつ、あれやこれやみているうちに買い忘れちゃった。

DSC_4424.jpg


Creamed Honeyは、結晶しているハチミツのことみたいです。おいしそうな言い方でよいですね。




posted by みつばち at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばち百花プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

花たちは1か月も早い店仕舞い

Facebookページで情報をアップしているので、こちらのブログの更新がつい滞ってしまいます。
と言い訳・・・(汗)

今年の秋のガーデンは、花たちの店仕舞いが早い!早すぎる!

バジルが終わってしまったので除去。

RIMG0034.jpg


カラミンサも、もう枯れ枯れしてきて、すでに新しい芽が下から出てきている・・・
早すぎませんか?

RIMG0046.jpg


昨年は両方とも10月下旬ごろまで咲いていたのに。
三尺バーベナも、ガウラも、終わりかけている。

酷暑だと思ったら、お盆すぎから急に涼しくなって、長雨・・・
ラベンダーの中でも一番強いグロッソまで、枯れてきて、元気がない。

RIMG0043.jpg


とはいえ、復活してきている花たちもいます。

RIMG0003.jpg


ブットレア。
ウワサでは、ミツバチがわんさか来るという話だったんだけれど、今日も来ていない。

RIMG0049.jpg


蝶や蛾は来るんだけど…

まあ、かわいいから、いっか(笑

秋明菊が元気につぼみをたくさんつけています。
いつのまにか増えてる〜!

RIMG0009.jpg


クマバチが早速、来ていました。

RIMG0002.jpg


皇帝ダリアも年々大きく成長し、スタンバイ中。

今年、初めてのトウテイランを植えてみました。
近縁のベロニカがわりあい好評だったので(笑

RIMG0033.jpg


ダンギクも。
毎年、植えようと思いつつ、なぜかご縁のなかった花です。

DSC_4343.jpg


草抜き助っ人で、久しぶりにアマエルにお仕事してもらいました。
がしがし雑草を食べているなあと思ったら、キバナコスモスも食べてた〜

RIMG0018.jpg


ラムズイヤーには見向きもしない。共食いになっちゃうから?(笑

RIMG0021.jpg


でも、一番好きなのはクローバー。今、種をつけているから、栄養もばっちり。
ちょっと太ったんじゃない?

天高く羊肥える秋 なのです。

RIMG0020.jpg


はあ、今年も、よく雑草と闘ったな〜
ん?まだ、終わってない?


posted by みつばち at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばち百花プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする