2015年05月14日

ブラックベリーが大人気!

ガーデン中の花が一斉に咲き始めました。
レポートをと思いつつ、GWのお楽しみなどで忙しくて、更新できず…。
facebookページでは、逐次アップしていますので、そちらも合わせてご覧ください。

少し遡りつつ、ガーデンの花とミツバチの様子をお伝えします。

ゴールデンウィークといえば、この花!

RIMG0178.jpg


タイムです。今年も見事に咲きました。

RIMG0286.jpg


今年初めて咲かせたアンジェリア。別名ハゼリソウ。
お試しだったので、そんなに広いスペースで咲かせなかったにもかかわらず、たくさん来てくれています。
栽培は簡単。種を蒔いただけ。

RIMG0180.jpg


常連さんのヤグルマギク。
これもなにもしないのに、毎年、どんどん増えています。
今年こそ、ちゃんと種採りをしなくっちゃ。

RIMG0203.jpg


サルビア・プラテンシス
これは、春から初夏にかけて咲くサルビアです。
ミツバチが大好き。

RIMG0230.jpg


じゃーん!!!
今年最大の有望株、ブラックベリー

RIMG0274.jpg


もうこの風景を見るたびに顔がほろこんじゃいます。
豊作間違いなし!

RIMG0253.jpg


だって、すべての花にミツバチがいるんじゃないの?!というぐらい大人気なんですから。

ボイズンベリーも植えているのだけれど、あまりに繁ってしまい、どれがどれだかわからない〜。
まあ、実をつけてくれたら、わかるかな。
ん?ほとんど同じというウワサあり・・・ま、いっか。

で、ラズベリーが心配になって観察してみたら・・・

RIMG0334.jpg


来てた・・・ほっ
こちらも豊作かな。

さて、問題も発覚!

RIMG0223.jpg


一面のクリムゾンクローバー。
ミツバチも、とてもお喜びの様子。

RIMG0214.jpg


が、しかし!!!

RIMG0305.jpg


よくみると、コイツが大量に発生中。
レンゲの天敵であるアルファルファ・タコゾウムシ。
コイツのおかげで、レンゲの蜜は今や幻と言われるほど。
すぐ向かいの田んぼに咲いていたレンゲも、見た目は花畑だけれど、近くに行くとまともな花が少ない。
すべてコイツのおかげ。

RIMG0224.jpg


レンゲが咲いている〜!
と思うでしょ。

ところが・・・

RIMG0213.jpg


RIMG0220.jpg


こんなふうに花をよくみると、とってもみすぼらしい花ばかり。
ミツバチの滞在時間も、とっても短い。
それでも蜜源としては優れているので、ミツバチはたくさん来ます。
でも、ほとんど蜜はないはず・・・

RIMG0214.jpg


そして、ここにも、ヤツが…。

このレンゲ畑は早々に田んぼに鋤きこまれてしまいました。
コイツが蛹になって成虫になってしまうと、また、爆発的に増えてしまうから。
幼虫のうちなら、鋤きこんでしまえば、ある程度、絶やすことができます。
とはいえ、クリムゾンクローバーの状態をみると、増えちゃっているみたい・・・
ということで、ガーデンのクリムゾンも、GW明けに鋤きこんでしまいました。

来年は、アンジェリアを植えるかなと思案中です。

この記事へのコメント
そうなんですか、最近の蓮華はみすぼらしくて、子供たちが喜ばないなーと思ってたら、ゾウムシさんのせいなんですね。
確かに、うちのひいおばあちゃんちのとこ、もう何十年も不コウキ休耕田だから、鋤きこみなんてやっておらん・・・。
ネオニコチノイドのことで、調べていておとづれました。有機リンというのもアレだけど、国産蜂蜜が食べたかったら、相当調べて、できることは協力しないとなんですね。
Posted by しまなみ at 2015年05月20日 17:36
ご訪問をありがとうございます。
タコゾウムシは、1980年代に九州で確認されて以来、どんどん北上し、被害が拡大していきました。
各地で養蜂家が中心になってレンゲ増殖に取り組んでいますが、なかなか難しいのが現状です。
Posted by Lazybee at 2015年05月21日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418939694
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック