2014年09月15日

ミツバチさんたち、いずこへ

ミツバチたちがいない…。
ガーデンにいない…。
一匹もいない…。

RIMG0045.jpg


沈黙のガーデン。

なぜ?
なにが気に入らないの?
アニスヒソップも、まだ、咲いているよ。
サマーソルベットが満開よ。
カラミンサだって、たくさん咲いている…

なのにいない!

巣箱では、出たり入ったり忙しそうにしているのに…。

RIMG0088.jpg


夕方には、巣門のところにたむろしていたし…。

なぜ〜???

代わりに飛び回っているのはクマバチ。

ということで、クマバチをしっかり観察しちゃいました。

RIMG0015b.jpg


これが雌。目がちっちゃくて、顔が真っ黒。

RIMG0030.jpg


こっちが雄。やたらと目が大きい。おまけに飛びだしている。
すべては雌を見つけるために。
ミツバチと一緒です。

雄がしがみついているのはメド―セージ。
筒状の花管の根元には蜜がたっぷり。
クマバチは、根元に穴を開けて、そこから蜜をいただく。
その穴をミツバチがちゃっかり利用することも。

大きいから、怖がられるけれど、きわめて平和なやつら。
針は、雌だけが持っているけれど、毒なしだし、よほどいじめないかぎり刺しません。
個別に巣をつくって子育て中だから、人間にかまっている暇はないっ!かな。

クマバチが、穴を開けてくれてるよ〜。
戻っておいでよ。

さて、ミツバチたちは、どこに行ったのか。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。