2014年06月03日

ミツバチは本当に減っているのか?

5月31日から、ついにドキュメンタリー映画「みつばちの大地」の上映が始まりました。
「次から次へと驚きの事実が明らかになる」という感想が、あちこちで聞かれます。
広大なアーモンド畑で酷使されるミツバチの様子は、かなり衝撃的。
大規模農業の真っただ中で、大規模養蜂家が「ミツバチの羽音は、金そのものだ」と広言する。
その言葉のあとに次々に展開されるアメリカの養蜂の実態映像。
誰もが、言葉を失います。
数年前に話題になった「いのちの食べ方」というドキュメンタリー映画と同じく、私たちの食料や経済を支えるために生きものが生きものとして扱われていない。命が大量に消費される現実が、養蜂の世界にも起きているということです。

そんなシーンが連続する映像をみたら、「やっぱりミツバチは減っていて大変だ!」とますます思ってしまうかも。
でも、実際は、農産物の現場で送粉昆虫としてますます重要性を増しているミツバチは、養蜂業においては微増しています。
みつばち百花では、数字の上ではミツバチは減っていない。でも、この映像にあるような「不幸なミツバチ」が増えて、ミツバチ本来の仕事がミツバチらしくできる「幸せなミツバチ」は確実に減っていると考えています。

「幸せなミツバチ」が減る背景には、私たちのミツバチに対する思いこみ、都合のよい誤解がたくさんあることが大きな要因となっています。
今回のニューズレター「LETTER FROM HONEYBEES(みつばちからの手紙)」Vol.5では、その誤解のうち、よくある次の4つについて解説しています。
@ミツバチは減っている?
A農薬がすべての元凶?
Bミツバチは環境指標生物?
Cニホンミツバチは病気に強い?

それぞれの答えを知りたい方は、こちらからニューズレターをダウンロードしてください。
みつばち百花NL5-2014.pdf

岩波ホールでも、上記の映画を上映中は会場にて無料配布しています。
ぜひ、手にとってご覧ください。

NL5表.jpg


NL中面.jpg



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック