2014年05月28日

できるだけ長く咲いてくれる花はどれかな

バラがますます満開。

RIMG0051.jpg


香りが素敵〜。今のところ、ミツバチの訪花は確認できていません。
花粉をめざして、来るはずなんだけど…。

クローバーが満開になりはじめました。

RIMG0136.jpg


先日、こんな黄色い花粉を背負ったミツバチがいました。

RIMG0133.jpg


シラン(紫蘭)に花粉塊(ポリニア)をくっつけられちゃったみたい。
そんなことするなら、もうシランは知らん!と思ったのか、クローバーの花でお仕事中。
そんなに重くないらしいけれど、“死角なき六本足”でも背中のど真ん中だとどうにもしようがない。

一生くっついたままだそうです( ̄□ ̄;)

ランには、蜜を作る代わりにダマシのテクニックを磨いたものが多く、シランも蜜はなし。
見せかけだけ。かの有名なキンリョウヘンも香りだけ〜。

ランは人間も、ミツバチも、魅了する魔性の花?

ガーデン入口のゼニアオイでも、ブンブン飛び回っています。
花弁のつけ根の下に蜜腺があるらしく、顔をつっこんでいます。
でも、そのたびに花粉だらけになる。

RIMG0132.jpg


花粉が大きいから、団子にできない。
顔中花粉だらけ。見えているのかしら?

RIMG0083.jpg


ルーも満開〜!

RIMG0073.jpg


そして、いよいよ期待のラムズイヤーが咲き始めました。

RIMG0067.jpg


たった2株ほどが、殖えて、殖えて、かなりの量になりつつあります。

RIMG0063.jpg


バーバスカム・ウェディングキャンドルも咲き始めました。こちらはまだ未確認。
好きそうだけど、1本じゃねぇ。あと数本咲いてから、かな。

RIMG0090.jpg


ガーデン近くの庭では、ブラシノキの花が満開。

RIMG0047.jpg


こちらでもブンブン飛び回っていて、花にもぐりこんでいます。

ブラシのように見えるのは雄しべ。ミツバチは、花の中にもぐりこんで蜜を吸っています。蜜がたくさんあるのかなあ。もぐりこんじゃうから、なかなかよい写真が撮れません(^^;)

RIMG0037.jpg


クリムゾンクローバーが終わり、いよいよ夏っぽくなってきたガーデンです。

RIMG0099.jpg


ということは・・・恐怖の雑草狂想曲が始まる〜。

RIMG0136.jpg


水路には水が流れ始めました。いよいよ田植えの季節です。

RIMG0142.jpg


作業のあとに近くの梅園に行き、ウメもぎをしました。
これも、ミツバチなどが早春にお仕事してくれたから、ですね。

RIMG0149.jpg


夏が、ものすごい勢いで近づいてきていますね〜。
さて、どの花が夏の蜜源になってくれるのか。
とっても楽しみです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック