2014年03月30日

浮気はしないの…

本日も、くにたち蜜源ガーデンはホトケノザ祭でした。

RIMG0150.jpg


道行く人、見学に来る人には、「きれい〜!」と言ってもらえるんだけれど、ちょっと複雑な気分。

RIMG0316.jpg


勝手に生えてきているんだもん…。
先週まではミツバチが来ていたけれど、菜の花や桜が満開になりつつあるから、あまり訪れなくなっているし…。

と思っていたら、あら、びっくり。
ホトケノザの生えている地面をミツバチがうろうろしている。
なにをしているの?とじっくり見てみたら・・・

RIMG0313.jpg


なんと落ちた花弁の根元に残った蜜を集めている!!!

RIMG0314.jpg


なんて賢いのだ…と一同感心しまくりました。
短い命なのに、こんな工夫までしてしまうなんて…涙

花の形状が細長い筒型だから、咲いている間は蜜はもらえない。
花粉を集めている。
蜜は花弁が落ちたあとが勝負!

勝手に咲いているから、なんとなく邪魔者扱いしていたけれど、ホトケノザは、最後までちゃんと蜜と花粉を供給してくれていたのね。

RIMG0159.jpg


人間の浅知恵なんてたかが知れているなあ。

今日は、顧問の佐々木正己先生が来てくださって、またまたいろいろ教えてもらいました。
ほら、花のここに蜜があってね…と先生。

RIMG0298.jpg


ほんとにわずかな蜜を一生懸命集めているんですよねぇ。

RIMG0301.jpg


なめてみたら、さっぱりした甘さをほんのり感じました。

じっくり観察していると、ミツバチは今日はホトケノザ、今日はオオイヌノフグリ、今日はヒメオドリコソウと決めたら、基本的に浮気しない。

RIMG0208.jpg


こんなにたくさん咲き乱れているのに、オオイヌノフグリと決めたら、すぐそばにヒメオドリコソウが咲いていようが、オオイヌノフグリを探している。

RIMG0179b.jpg


そんなミツバチを見ているのが、本当に楽しいです。
ミツバチが幸せを感じてくれる空間に身を置くことが、私たちの幸せ、なんだなと実感できるひとときです。

エリカさまは、定着したようです。
このままうまく育ってくれますように。

RIMG0172.jpg


先週、株分けしたラムズイヤーは復活中。
あまりにも密集していたから、荒っぽく切り分けたのに。

RIMG0166.jpg


ボリジの種蒔きをしました。

RIMG0363.jpg


冬を越した植物たちも、急速に元気が出てきているのはいいけれど、雑草も一緒に元気になっている。
ホトケノザが終わったら、いよいよ雑草との闘いの火ぶたが切って落とされます。

RIMG0285.jpg


近くの谷保天満宮では、ヒサカキの花が満開でした。
雌花は蜜を、雄花は花粉をくれます。

RIMG0148.jpg





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。