2013年05月15日

引き続きバラとミツバチ

宝塚ガーデン 136.jpg バラとミツバチの続きなんだけど…。

88.png まだ、なにか気になることでも?
  人間って「バラ」という言葉に触発されすぎるんじゃないの?


  「薔薇と言う名の花は名前を変えても、美しい香りはそのまま」という有名なセリフがあるでしょ?
   まさか知らない…


宝塚ガーデン 136.jpg もちろん知ってますよ。ロミオとジュリエットでしょ。

88.png ミツバチはバラの花の名前なんて知ったこっちゃないからね。
  このセリフはミツバチのために書かれたのよ。

  
宝塚ガーデン 136.jpg そ、そうかあ・・・
シェークスピアもミツバチファンだったのかもね(-。−;)
養蜂をやってたりして(・m・ )

DSCF1430.jpg



バラは香料の生産量を増加させるために改良が重ねられているのよ。
香料成分を抽出する花びらが多い方がいいじゃない?だから、花びらがどんどん多くなる傾向なんだって。

88.png それ、ミツバチにとっては迷惑だわね…。
  花びらが多くなると、花の中に入れないし、花はそこにエネルギーを注ぐから、おしべは貧弱になっちゃうのよ。

すなわち、いただける花粉は減るってこと。



宝塚ガーデン 136.jpg 観賞用は色の充実が盛んにおこなわれているらしいわよ。

88.png まあ、そちらは香りさえ、ちゃんと出してくれれば、花を見つける可能性はあるので、好きにしてよって感じ。


宝塚ガーデン 136.jpg 昨日、みつばち百花のメンバーが都心の広大な緑地でハニーウォークしてきたんだけど、午前午後2時間ずつ観察して、セイヨウミツバチ30匹、ニホンミツバチ1匹が緑地の花壇に咲いていたクローバー、ラベンダー、バラに来ていたそうよ。
広大な緑地なのに花の少ないことに驚いていたわ。

88.png  都心が、ミツバチにとって住みやすい環境だとかといっている人たちに聞かせたいわね。 ( ̄  ̄) 

宝塚ガーデン 136.jpg お仲間たちは、こんなバラに来ていたそうよ。

P5143974.jpg


これはラベンダードリームという一重ではないけれど,花びらが10〜15枚程度の平咲きの品種で、盛んというほどではないけれど(そもそも)花粉を集めに来ていました。午前は訪花が見られたけれど,午後は訪花が停止。花粉が減って魅力が失せた感じで、つまり花蜜を集めてはいないようす。

P5143998.jpg


これはエバーゴールド。八重咲きだけど花が平べったい(切り花バラにありがちな壺のような縦横比ではなく、お鉢のような縦横比)ので、開いた隙間にはおしべが見え、午後にはミツバチが仕事していました。ただしやはり花粉集めのみ。

P5143984.jpg


これもラベンダードリーム。このようにおしべの固まりの中に小さな花弁化したものが出てきます。これが増えれば八重になる=おしべが減るので花粉の量は減るわけです。



宝塚ガーデン 136.jpg 最近、都心でも屋上に養蜂箱が置かれているところが増えているけれど、この観測地点にも近くに数箱あるのよ。
その割には訪花している数が少ない。郊外のノイバラでは、たくさんお仕事していたのに。
なぜかしら…。

88.png きれいなバラには棘があるって言葉があるでしょ。
あれはミツバチに言わせれば、きれいなバラには農薬がかかっているってことなのよ。
公園や緑地帯なら、バラを虫だらけにしたり、病気にさせたりするわけにいかないでしょ。
けっこう噴霧されているのでは?


宝塚ガーデン 136.jpg そういえば、某公園を散歩していたら、「農薬散布中」の車が園内をぐるぐる回っていたっけ…。

88.png 街路樹だって、撒いているはずよ。
そうい意味では、住宅街のそれぞれの家の庭で手塩にかけて育てられている花が一番ご馳走かも。

まあ、素朴なノイバラをもっと咲かせてくれるなら、人間は手間がかからないし、ミツバチにとってもいいことなんだけれどね。
欲張りな人間には無理でしょうねぇ…。


宝塚ガーデン 136.jpg 美しいものをより美しくしようとするのが、人間の性ですから。

88.png より美しくなってるの?自然の造形に優るものはないのよ。
そのことをミツバチが一番よく知っているわ。
昨日は味覚を磨いて欲しいと言ったけれど、審美眼も磨いてよね。

それと足るを知ること。


宝塚ガーデン 136.jpg あ、それ、無理。
足りて満足していたら、ここまで人間、はびこっていませんから V( ̄▽ ̄)V

88.png ミツバチ500万年持続の実力をもうすぐ思い知ると思うわ。
( ̄^ ̄)フン



宝塚ガーデン 136.jpg また、怒らせちゃった…。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック