2012年06月17日

“きゃりー・たまたま”ってなーんだ?

今日は、NPO法人いけぶくろ大明、NPO法人としまNPO推進協議会主催の「いけぶくろ自然クラブ」でミツバチセミナーを開催し、小学2年生から5年生までの子どもたちが参加してくれました。
講師は、みつばち百花のメンバーです。

1時間目は、「みつばちの秘密の道具」をテーマにミツバチの生態をレクチャーしました。

RIMG0027.jpg


どらえもんの秘密の道具ならぬ、みつばちの秘密の道具です。
“きゃりー・たまたま”はその一つです。
さて、なーんだ。

RIMG0034.jpg


花粉団子を運ぶための「花粉かご」のことです。
道具は全部で12もありました。
どれもミツバチが生きていくためには欠かせない道具ばかり。
小さな体に一つひとつが無駄なく精巧に、機能的にできていて、ミツバチってすごい!

RIMG0039.jpg


ちゃんとメモしてくれました。
すご〜い!
伝えたいことがすべて書かれている〜!

2時間目は、「ミツバチとハチミツと花」
7種類のハチミツをテイスティングしてもらいました。
子どもたちに人気があったのはアカシア。
ソバやクリは、「なんだ、これ〜!」と大騒ぎでした。

RIMG0058.jpg


3時間目は、蜜蝋キャンドルづくり。
まずはミツバチが大活躍してくれないときれいな形にならないイチゴのキャンドルづくりです。

RIMG0038.jpg


蜜蝋を湯煎で溶かしていたら、みんながやりたい!と言いだし、またしても大騒ぎになりました。
溶かした蜜蝋を冷まして、イチゴの形に成形します。
最初は、熱い〜とこわごわ触っていたけれど、すぐに慣れて、かわいいイチゴがたくさんできました。

RIMG0044.jpg


独創的だなあ・・・。

みなさん、今度、イチゴを食べるときにはミツバチさんにありがとうって感謝してね、と言ったら、
「イチゴにもありがとうだね」

本当にそうよねぇ〜!
じゃあ、つくってくれる人にも感謝しよう!

「イチゴを買ってくれるお父さん、お母さんにも」

今までよりも、きっとイチゴがもっとおいしく感じられると思うよ。

RIMG0057.jpg


イチゴキャンドルが灯ったケーキの画像の前で、できあがったキャンドルを持って。

3時間におよぶ盛りだくさんのミツバチセミナー。
みなさん、お疲れさまでした。


posted by みつばち at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばち百花プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック