2011年10月20日

八重山諸島の花

Lazybeeは、今年、仕事で八重山諸島にご縁があり、先日も1週間滞在していました。
その間、つい目が行くのが花。
仕事の合間に花を見ては、ミツバチ、いないかなあ…と思ってしまう。

西表島には、養蜂でもしていないかぎりいないんですよね…

そんなときにこの木のところでブンブンと羽音を聞いてびっくり!

RIMG0223.jpg


思わず、「あ!ミツバチ!」と叫んでしまいました。
トウダイグサ科のシマシラキです。
マングローブの林の中に生息する樹木の一つのようです。

お馴染みのハイビスカス。

RIMG0242.jpg


重要な花粉源です。

こちらは小浜島の湧き水の淵に自生していた空心菜の花です。

RIMG0381.jpg


ヒルガオ科で蜜源です。すごくたくさん蜜が出るというわけでもなさそうだけど。

前回は咲いているところを見られなかったドラゴンフルーツの花。

RIMG0004.jpg


花粉源です。ものすごい迫力です。

これはトケイソウが受粉した後で、ぐちゃぐちゃ(笑)

RIMG0348.jpg


パッションフルーツになります。
新城島で。八重山諸島の島々では、パッションフルーツやドラゴンフルーツ、バナナ、パパイヤが庭に普通になっていて、楽しいです。

沖縄県なら、どこでも見られるタチアワユキセンダンクサは蜜源です。

RIMG0215.jpg


シマシラキでしかミツバチには会えなかったけれど、島々で咲く花は生命力にあふれていて、見ているだけで元気にしてくれます。

この記事へのコメント
先日、蜜の表面に泡が出るということで質問させていただいた者です。
今日、偶然に六甲山で日本ミツバチを飼い続けているという人にお会いしました。
伺うと、「それは潰れた幼虫の汁が入ってるんだろう」との事。
落下してしまった巣から採蜜したものなので、そうなったようです。
もちろん、食べても何ら問題はないので、一安心です。
とりあえず、ご報告まで・・・。
Posted by elias at 2011年10月23日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック