2011年07月05日

生物多様性関連セミナー「開発途上国での養蜂振興―ミツバチは救世主か侵略者か」のご案内

養蜂は地域の有望な産業となりうるのか。

養蜂を促進し、地域特産としてハチミツをという地域振興は考えられがちですが、そこにはさまざまな課題点があります。
発展途上国でも、養蜂を産業化して雇用の促進をめざす動きが現れては消えて…を繰り返しています。
地域活性化の方策として、はたして養蜂はありうるのか、を、途上国でのサポートや研究などの豊富な経験を踏まえ、みつばち百花の理事で、玉川大学ミツバチ科学研究センターの中村純教授がJICAの地球ひろばにて、生物多様性関連セミナーの一環として講師を務めます。

テーマは、ずばり「開発途上国での養蜂振興―ミツバチは救世主か侵略者か」です。

日時は7月12日午後6時から
場所は、JICAの地球ひろばです。

詳細はこちらをご覧ください。



posted by みつばち at 15:06| Comment(1) | TrackBack(0) | そのほかのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
有限会社こだま舎職員
たっくんです。
養蜂に欠かせないのは。
蜜源環境と生物多様性の有無と自然に優しい農環境。
養蜂技術はその次に重要な事かなと、思います。
Posted by たっくん at 2011年08月15日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。