2011年05月13日

ボディーガードの報酬を横取り

毎日、空模様をみてはミツバチたちの今日のお仕事は…なんてつい考えてしまう。
花が次々に咲くこの時期は、仲間を増やすとても大切に時期。だけど、雨が降れば、せっかく花が咲いていても蜜が採れない、流れてしまう。
ハチミツだって、花の咲く時期、蜜を出す時期、ミツバチが動ける天候がすべてマッチしてこそいただけるもの。
だからといって、ずっと晴れだけでも植物は育たないし、自然というのはままならないものです。

さて、今頃、どこでも見かけるのがカラスノエンドウです。

DSCF6304.jpg

訪花するミツバチ……でも、よく見たら、花ではないですねぇ。
ふふふ、決定的な写真が撮れました(と自己満足)
ズームアップ!

karasu.jpg

茎の根元の黒い斑点のところに口をつけているでしょ。
これは複葉の付け根にある花外蜜腺。

DSCF6383.jpg

この花外蜜腺は本来はアリのために用意されているもの。

ari2.jpg

アリに若い芽や実を食べる虫を追い払ってもらえるようにしているんですって!
カラスノエンドウからアリへの、ボディーガードの報酬というわけ。

ミツバチはそれを横取りして、いただいている。
少しはボディガードのお手伝いをしているかな、、、でも、ないか(笑

ほんの少しの蜜だから、すごくせわしなく飛び回っています。
ふつうの野原の中で、いろいろなことが起きているんですよねぇ。
カラスノエンドウのアリ使い。なんの変哲もないカラスノエンドウだと思っていたけれど、ちょっと見直しました。

カラスノエンドウは、若い芽の部分は天ぷらや炒め物などで食べることができるそうです。なので、では、若いやわらかそうなところを!と取ってみたら…
アリさんボディーガードに追い払われる前に、手間がかかってあきらめましたわーい(嬉しい顔)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック