2011年05月04日

Honeybee trip in Cambodia - Preah Vihear

カンボジアに来て12日くらい経ちました.
やっとレポートします.

先週は5日間,Preah VihearのPeakという村に
調査に行ってきました.
_IGP7716 - コピー.JPG

ガスもトイレもない
ましてやネットなんかない
普段の私たちの生活とはかけ離れた村です.

この村でのハニーハンティングついてお伝えします.


ヨーロッパや日本の養蜂では,
巣箱があって
巣枠があって
ハイブツールがあって
面布があって
手袋があって
燻煙機があって
いろんな道具を使ってキープするけれど

ハニーハンティングという名だけあって(?)
とても原始的な印象を受けました

道具のほとんどは現地の植物の葉や竹などを使います.
必要な道具は
巣を切り取るナイフ(竹を削って作る)
燻煙のための葉(大量の木の葉と枝を束ねて作る)
ハチミツを入れるコンテナ(竹で取っ手をつける)
はしご(竹を1本切ってきて,その節をステップにして登る)
頭を守るのにはクロマーというストールみたいな布を使います
だいたい大きいナイフ1本で器用になんでも作っていました.

IMGP1327.JPG

燻煙材ができてニコリ

いざオオミツバチの巣へ!!
_IGP7790 - コピー.JPG

おぉ!
_IGP7789 - コピー.JPG



準備が整うとさっさとはしごをかけてハンティング開始
IMGP1343.JPG


_IGP7873 - コピー.JPG


煙をかけると蜂がブァっと飛んで
_IGP7893 - コピー.JPG



私以外のみんなが10m以上離れていきました
去り際めっちゃ早い笑

慌てることなくテキパキとハンティングするハンター
_IGP7888 - コピー.JPG


そしてするすると降りてきた蜂の巣
_IGP7924 - コピー.JPG



今回ハンターは1ヶ所しか刺されなかったようです
オオミツバチは攻撃的なハチだと聞いていたけど
今回見た限りでは,全くもって恐怖感はなかったです.
以前よりは穏やかになったとのことですが
どういうことなのかは不明ですし,
他の場所でもそうなのかは不明です.

しかしおもしろかった!!!


採ったハチミツの使い道については
次のトリップの後にご紹介したいと思います.

簿時あ


posted by みつばち at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のミツバチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。