2010年10月29日

高嶺ルビーの花畑にはハナバチたちがいっぱい

収穫祭に参加してくれた方には国分寺の畑で育てた高嶺ルビーの花を差し上げます。
明日、午後に花を切りに行こうと思っていたけれど、台風という予報なので、今日、急きょ、畑に行ってきました。

DSCF4267.jpg


満開だったけれど、昨日の大雨でかなり倒伏してしまいました。
もう少し種を深く埋めた方がよかったのかな。
ミツバチは見当たらなかったけれど、いろいろなハナバチたちが忙しそうにしていました。

DSCF4247.jpg


また、出会ったオオハラナガツチバチ(名前をついに覚えられた)

DSCF4248.jpg


こんなのも、来ていました。

DSCF4259.jpg


バケツに一杯の花!
カフェスローに持っていったら、なんとオオハラナガツチバチがくっついて来てしまった。

DSCF4283.jpg


よほどご縁があるようで…。
カフェスローの店長の間宮さんが裏の畑に放しましょう、とのことでお預けして帰ってきました。

DSCF4290.jpg


「お任せください」と間宮さん。
ご本人は自らの置かれた立場も知らず、高嶺ルビーの花に顔を埋め続けていました。
「蜜、蜜、蜜〜!」って感じでしょうか。

DSCF4291.jpg


よい子を産むのだよ。って、コガネムシの幼虫にとっては迷惑な話だけれど・・・。

posted by みつばち at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばち百花PT@国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック