2010年09月25日

「?」なハチミツの宣伝文句−価値の創造からは逆行?

ネットショッピングがテレビや新聞の通販を超えたという調査結果が報道されました.確かにインターネット経由のショッピングは急成長.ミツバチ関係ではハチミツをはじめローヤルゼリーやプロポリスなどの健康食品がよく登場します.ハチミツもこれまでにない多品目が多数のネット店舗から販売されていますが,ときどき,この表現はどうかなと思う宣伝文句も.自社製品の優位性を謳うために,あえて他社製品や業界全体を敵に回しているような広告も目につきます.一般の方からも,普通に売られているハチミツは品質に問題があるのですかと問い合わせが入る始末.選択肢を較べられて便利なネットショッピングは,その善し悪しを自分で見分けられるのでないとかえって危険だと批判したくなりますが,まあ,全体的なことはさておき,ハチミツに関してはもうちょっと情報が適正であるべきでは.ハチミツの作り手でもある辛口ミツバチの意見も聞きながら,優良誤認,あるいは不良誤認を解いていきましょう.

minilogo.pngそれにしても勝手なことを書いているんだねえ.手柄のように書いているけど,そもそもミツバチが作っているってことは理解できているのかなあ.これだけの完成度なんだから,それ以上の何もしなければ一番いいに決まっているのに.
人間とミツバチで見方も違うかも知れないけれど,基本はその通りだね.では順番に見ていこう.

「○○のハチミツは非加熱,無加水,無ろ過,無添加」
これは多いね.こう書くことで,逆説的に一般的なハチミツはいろいろな処理がしてあるので自然ではない.我が社のはだから優良といいたいんだろうけれど,そのことがどんな意味を持っているのかは考えていないかもな.香りを楽しんで欲しいから,瓶詰工程でもできるだけ加温しないようにするというならわかるけれど,ともかく何もしないことが一番だみたいな,無目的さ.一応,説明しておくと,不純物を取り除く濾過工程や瓶詰めの際,粘性の高いハチミツは扱いにくいので,ある程度の加熱が必要なことはある.夏場の作業場の温度なら不要でも,空調が整備された工場のようなところでは,品温を40℃程度までは上げていると思うし,かつては殺菌(酵母殺菌)のために短時間の加熱工程が普通だった時代もある.現在でも,店頭に長期間陳列されるなら発酵防止のために加熱処理があった方がいいものもあるかも知れない.これは食品の衛生上の観点からは,原料によって見極めるべきものであって,手を加えないことを前提にしてしまうのは問題だろう.加水して流動性を上げてさまざまな処置をして,最終的に水分を低温の真空釜で除去するという方法もある.ボツリヌス菌の除去などをねらえばこの工程は不可欠.このあたりは消費者が何を選択したいかという問題.
minilogo.pngミツバチだって,巣温で加熱(とはいえ35℃が上限),蜜胃で濾過(だから大きな花粉は入りにくいといわれている),酵素の添加はしている.水は抜く一方だけど.ミツバチは花の蜜を加工しているんだから,その程度のことは許して欲しいな.

「無ろ過なので,プロポリスや花粉,蜂ろう,ローヤルゼリーも含まれています」
minilogo.pngローヤルゼリーも入っちゃうの? それって幼虫さんなんじゃあ...?
勇み足っぽいね.巣蜜(コームハネー)の販売業者も,巣ごとだからプロポリスも入っていると書くことがあるけれど,巣蜜を普通に作るときには,新しく巣を作らせるので,プロポリスが混入する可能性は低い.無ろ過の場合にいろいろ入っちゃうというのは,採蜜の方法に問題があるという言い方もできるけれど,逆に言えば,以降の工程で混入する可能性のある他のゴミにも目をつぶってといっているようで,どうかなあ.

「(当店,当社の)ハチミツが結晶するのは,余計な手を加えず自然のままお届けしている本物の証」
minilogo.pngこれもよくある.そもそもミツバチがハチミツを保存する環境と人間が家の中に置くのでは温度も違う.結晶性は蜜源によっても違うよ.余計な手を加えないっていうけど,だから自然というのもおかしいよね.ミツバチの巣から取り出した時点で,そんなの自然なことじゃないし.
いいたいことはわかるけれど,でも,結晶しにくいハチミツだったらどうかな.この表現に慣れていると,結晶しないのは手が入っている証拠,あるいは偽物だと思う人も出ちゃうだろう.でもニセアカシアのハチミツのように本質的に結晶しにくいものもある.自社製品にも両方あり得るだろうに,これは誤爆っぽいなあ.そもそもハチミツの性質,つまりは蜜源や採蜜方法次第の観点ではあるので,こうした一方的な表現はやめた方がいい.「結晶することもあります」くらいの表現で,なぜ止められない.

「一切手が加えられていない」
minilogo.pngこれもよく見るね.もう言い尽くした感じ.
「瓶詰め」も一応加工に相当するので,この表現はおかしいけどね.ここまでのは,加工していないことを前面に出している表現.自然なもの,採れたてのものを届けたいという気持ちの表れだと思うから,そのこと自体は責めないけれど,「自然=よいもの」というのは短絡的すぎる.手が加えられていないことがありがたいことかどうかだなあ.養蜂家レベルでの手のかけ方と同じだけ,採蜜から瓶詰めまで手も気もかけて欲しいよね.「一切」なんて強い言葉は,ゴミを取り除く程度の手のかけ方まで省かれている感じがしてしまうなあ.もちろん,手は最低限,気は最大限に使っているというのが望ましい.
一連の表現は,自然に近いものがよいものという,一種の強迫観念の産物だと思う.でも,自分でよいものを見分けられない人にとって,ブレンドはありがたいだろうし,そうした平均像の中から自分の好みを見いだすこともできる.人為的加工は,そこにどのような気持ちが働いたかが大切なのであって,加工行為そのものがいつも悪いわけではないことも知っておきたい.その上で,何を選択するかを決めればいいことだもの.

「ほかのハチミツに比べて栄養価が高い」
この種の優良誤認,あるいは相対的な地位獲得は多いねえ.高原地帯で採蜜したのでミネラルが多いという表現まであった(どんな根拠だろう).ハチミツの栄養価は,なんといってもその糖質.でもこの部分はハチミツ間ではそんなに大きな差がない.もちろんオリゴ糖の多いものなどもあり,その観点はもう少々研究がなされてもよいけれど,現状ではその知見に基づいて優良性を謳っているものはない.そういう意味で,若干ミネラルの含有量が多いものとかはあるけれど,食生活の中でのハチミツの位置づけから考えれば,基本的には有意な差ではないんじゃないかなあ.
minilogo.pngハチミツは,ミツバチにとっては重要なエネルー源で,他の栄養は基本的に花粉から摂るから,栄養価の高い低いはミツバチの立場では意識してないよ.

「加熱処理によって栄養が失われる」
minilogo.png失われるような栄養はないけれどね.酵素はものによってはダメになる(失活する)んだろうけど,それって食べる人間にとっては何か問題なの?
ビタミンやミネラルと併記していることもあるけれど,どっちも少ないし,ミネラルは加熱程度では分解はしないし.ハチミツを傷薬や,食品の保存,臭い消しなど,ハチミツの酵素活性をひとつの特性としてとらえる利用の場合には,ブドウ糖からグルコン酸と過酸化水素を生成するグルコースオキシダーゼという酵素が,完全に失活するような加熱工程はない方がいい.もちろん臭み消しならグルコン酸がすでに充分含まれていればいいし,保存性という点も,高浸透圧状態を維持できるなら,それほど大きな問題にはならないね.甘味料としてであれば,短時間の加熱はそれほど重要な問題ではない.

「ビタミン,ミネラル豊富なハチミツ」
minilogo.pngこれは本当によく見るよね.ミツバチ的には充分な量かなあ? 足りないから花粉やミルクが必要なのに.人間はハチミツだけで充分なの?
これについては表で説明しておこうかな.
honey-nutr-fact.png
この表はハチミツ中に比較的よく含まれているものについて,成人が一日に必要とする量と,その10%をハチミツに頼ろうとした場合の最低摂取量を示したもの.例えばよく宣伝文句にある鉄分は,一日に11mg摂取することが推奨されている.その10%の1mgをハチミツから摂取しようと思えば,例えば1kgあたり30mgほどの鉄分を含むような濃色系のハチミツ,例えばソバのハチミツを食べるとしても,33gは食べなきゃならない.色のうすいハチミツだったらその10倍以上が必要.同じように,ビタミンB2だったら,2.5kg食べなきゃ有効な量を摂取できたとはいえない.どんなに甘いものが好きでも,毎日こんなに食べたら病気になっちゃう.でも,ブタのレバーなら,100gで鉄分もビタミンB2も一日量を完全に摂取できちゃうし,それに必要な100gくらい,一日,あるいは一食でさえ食べ切れる.
そもそも,少量ずつ必要な特定の栄養素をある食品にだけ頼ろうというのは偏食のもとだし,ハチミツを糖質以外のサプリメントと考えるのは荒唐無稽.こうした宣伝文句は,日本人の食習慣を乱すもとだから,早くやめて欲しい.いろいろなものをバランスよく食べる中でハチミツをどう組み込んでいけばいいかをうまく伝えて欲しいねえ.

「ハチミツのカロリーは砂糖などに比べると低カロリー」
minilogo.pngそうなの?ミツバチにとっての重要なエネルギー源が砂糖に負けちゃうの?
これもどうかなあ.砂糖は水分が少ないし,ハチミツは20%が水分で,他にも数%の有機酸などが含まれる.等量の甘味料として考えれば,純粋に糖質分のカロリー量はハチミツの方が少なくとも2割は少ない計算になる.でも,そもそも,ハチミツを10g食べるとして,単純計算ならそのカロリーは30kcal(=10g×4kcal/g×0.75)程度.一日の摂取カロリーが日本人でも2000kcal近い中で,それを砂糖に置き換えた(40kcal)としても,増加分は10kcal(0.5%)でしかない.微々たる差だけど「ちりも積もれば山になる」の発想で,砂糖ではなくハチミツを食べようというのであれば,業界的には歓迎ってことかもね.同様にダイエットによいという記述もよく見るねえ.また果糖の甘味が強いので,砂糖の利用を制限されている糖尿病の方が甘味として利用する上で利便性があるといわれたりもしてる.確かに糖質食品中では比較的低GI(低血糖負荷)食品ではあるんだけど,使い方次第だからなあ.何につけ食べものに気を遣う人であれば,ダイエットをそもそも考える羽目には陥りにくいんじゃないかな.

「○○○ハニーは,野生の花から採取した蜜」
minilogo.png野生でなくてもいいんだけどね,ミツバチは.花壇でも,畑でも,公園でも,花が植えてあれば利用するよ.
野生の花だけから採蜜できる土地があるならこの表現でもいいかも知れないけれど,それはそれでどうかなあ.これも,より自然なんだといいたいんだろう.これがオーストラリアやニュージーランド,南北アメリカだったら,そんな場所に外来種であるセイヨウミツバチを連れて行くこと自体が,批判に晒されちゃう.自然であることを考えるという立場を表明しながら,実はそういうことまで思い至らないということが露見しちゃっている.

機能性に関しては,薬事法違反と解釈できる表現も多いし,売らんかなでルール無視は問題だね.本当にいいものだと思っているのに,その価値が相対的な価値でしか表現できないのもどうかなあ.
こういうことを言われると売り文句がなくなるという向きもあると思うけれど,それはそれで研究が尽くされていないことでもあると思う.ニュージーランドのマヌカハチミツのような特殊な素材が出て,はじめてヨーロッパ産のハチミツでも特異的抗菌性のあるものが見つかったりしている.日本産のハチミツはどうだろう? 試験自体は簡単なのに誰もやってないよね.そうした商品開発も行われていないのが実情だ.「せっかくミツバチが作っているものだから,美味しくいただこう」でも充分だけれど,もっと広がりがあるんじゃないのかなあ.
minilogo.pngミツバチ的にはこれ以上働かされるのはどうかと思うけれど,新しい方向でハチミツが見直されるなら,ミツバチ自身の地位向上にもつながるんだよね,きっと.売り文句にしたいことに根拠をつけていけば,新知見も出てくるかも.日本でもハチミツを医療で利用することも多くなっているし,多分野で新しい価値を創造して下さい.ミツバチの大切さがさらに理解され,ハチミツを生産する環境が再整備される日が来るなら,ミツバチ的には歓迎です.頑張ってハチミツを作らせてもらまいます.

minilogo.pngあと最後に,ミツバチや蜂の巣のイラストの不正確さも問題だよね.ミツバチを美人に書きたいかどうかは趣味の問題として不問に付すけど,どう見たってアシナガバチさんの巣にしか見えないところからハチミツ採っているようなのまである.花に来ているのがミツバチと思ったら,ハナアブさんだったりする.アシナガバチさんやハナアブさんが集めたハチミツ売っている会社やお店からはハチミツを買わないで下さい.ミツバチとして品質に責任もてませんから.


posted by みつばち at 13:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ミツバチの気持ち by Junbee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメントさせていただきます。カロリーの項目でのご質問なのですが、蜂蜜の水分も勿論入れて、砂糖と蜂蜜が同じ分量の場合、砂糖に対して蜂蜜の甘みは2倍で、カロリーは3割低いと聞いています。ということは、例えばお菓子作りや料理で「同じ甘み」を出したい場合、砂糖を蜂蜜に代えたとしたら、単純に考えてカロリーは半分以下になるのではないでしょうか? さらにアイスクリームなど低温の場合、砂糖は甘みを感じにくく、蜂蜜は甘みを強く感じると言われています。また、蜂蜜は既に分解されている糖分である果糖とブドウ糖なので、エネルギーに還元されやすく体に蓄積しにくいと聞いています。ならば、同じ糖分量を採るとするなら、ダイエットにも良いのではないでしょうか? テレビやインターネットでは、だいたいそのように言われています。でも、私は素人なので、正式なデータを見たわけではなく真偽を知ることもできません。これらは誤りや誇大表現なのでしょうか? わかりやすく教えていただければ嬉しいです。よろしくお願いします。
Posted by 蜂蜜大好き at 2011年05月10日 14:08
蜂蜜大好きさん,コメントありがとうございます.どの内容も皆さんが知りたいと思うようなことなので,ここで回答するよりも,新たにブログ記事として書こうと思います.1週間以内に情報収集の上,記事にしますのでしばらくお待ち下さい.
Posted by Junbee at 2011年05月11日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック