2010年06月02日

蜂群崩壊症候群〜ついに原因解明か?

5月25日に,アメリカ農務省ベルツビル・ミツバチ研究所のジェイ・エバンズ博士がサンディエゴで開催された第110回アメリカ微生物学会の「絶滅現象における微生物」部会で,「蜂群崩壊に関与する微生物」と題した発表を行いました.
まだ予備的な証拠とはいうものの,注目に値します.また,そこから導かれているストーリーは,蜂群崩壊かどうかはわからないなりに,ミツバチ不足の危機感を持っている他の先進国にも共通の問題です.アメリカの養蜂雑誌Bee Cultureのキム・フロッタム氏のブログを素材に少し解説しておきます.


ノゼマ原虫(この場合はトウヨウミツバチを原寄主とするNosema ceranae)が働き蜂成虫の腸管内に侵入して,その上皮細胞に損傷を与えて,その中で増殖する.結果として傷ついた上皮細胞はイスラエル麻痺病ウイルスの侵入経路となる.これが蜂群の崩壊につながると推測されている.
minilogo.pngこうした連続的な微生物の攻撃は,学界のそれまでの常識的には認められていなかったんだって.ただ,入手した資料だけでは,ウイルスが実際にどう影響したのかはよくわからないな.この先の筋書きの方がやはり怖い.

エバンズ博士は,蜂群への他のストレス,特に栄養ストレスがこの過程に影響するといっている.蜂群崩壊は一種の季節現象,春に起きやすいもの.この時期は,越冬した古い働き蜂が,新しい働き蜂を作るために採餌を開始し,同時に,花粉をミルクに変換している時期.この時期以外であれば,働き蜂はどちらかを担当し,同時にふたつを担当することはないから,これが働き蜂にとっては大きな負担で,不足を補うためには,自分自身の体からタンパク質を再吸収してでも利用すると.
minilogo.pngどうかなあ.一匹の働き蜂が両方を担当することはないと思う.そういう場面でも本来は分業は起こるはず.ただ,働き蜂になってから,数ヶ月経過しているので,他の季節なら10日齢くらいまでの若い働き蜂が担当する,花粉の消化・吸収に関してはかなり無理を強いられちゃう.もちろん花が少なくて栄養不足になれば,飛翔筋からタンパク質を再吸収してでもミルクを分泌しなきゃならないし.

早春期は,天候も不安定だし,充分な花粉が得られるとは限らない.でも一度育て始めた蜂児に対しては餌を与えなきゃいけないから,栄養的な負荷は相当に大きいね.ニホンミツバチ(トウヨウミツバチ)では,こうした場面では成長途上の蜂児を共食いして,再吸収,再分配する.セイヨウミツバチもこのシステムは持っているんだけど,トウヨウミツバチの方がより効果的にやっていた.
minilogo.pngだから,トウヨウミツバチの方が足るを知るタイプだ,セイヨウミツバチは勢いで進んじゃうタイプだとかっていいたいんでしょう? まあ,そうなんだけどさ.

で,ノゼマ病に冒された働き蜂では,消化・利用率がさらに下がることが予想され,結果として餓死,そして蜂群崩壊の始まりということらしい.
minilogo.pngでも餓死だったら死体は見つかると思うな.蜂群崩壊症候群のこれまでいわれてきた特徴と,こうしたメカニズムの整合性に関してはもうちょっとデータが必要そうだね.

この研究成果に基づけば,秋季に充分な餌を持たせて越冬させることと,ノゼマ病の予防をきちんとすることが推奨される.いろいろな餌の開発も進んでいるから,そういうものも利用されることになるだろう.ノゼマ病に関しては,日本での実態はまだわからないな.養蜂家が使えるように登録された防除薬もないので,予防をといってもできることは限られてしまうけれど.
minilogo.pngコロラド州立大学のドゥルバ・ナウ博士のグループが,去年いくつか論文を出していて,ノゼマの影響は,開発が進んだ場所で顕著となることを予測しているよね.つまり花粉源や蜜源が少ないという栄養的ストレスが,ノゼマ病によって加速されるということ?

そういうことらしい.そういう意味でも,ノゼマの実態がわからない現状では,越冬期前後の栄養状態が悪くならないように,ミツバチが利用できる植物を増やすことには意義がありそうだよ.
minilogo.png結局は,人間頼りにはなってしまうけれど,花を増やして下さい.それがどんな人にもできるミツバチにとっての救いの道です.よろしくお願いします.


posted by みつばち at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ミツバチの気持ち by Junbee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック