2010年03月26日

粉屋さんちのかわいいお嬢さんたち

ひな祭りの日、メリッサのとうちゃんが粉屋さんから巣蜜をもらってきてくれたの書いたよね。「今度行くか?」と言われていたが、なんと今日、行くことに。

近い。歩いても行ける。しかも、たまに散歩コースにしている。
粉屋さん、看板もない普通の民家である。

「ミツバチ見せて。子どもが好きなんだよ」と、ご主人に話す父。
立派なお庭の先に巣箱が。

IMG_5110.jpg


8年前に、庭にミツバチの群れが来て(分蜂)、「なんか捕まえて飼ってみたい」思い、見事捕獲。自ら増やし、今は3群に。
西洋ちゃんだった。

IMG_5107.jpg



「お茶飲みますか。どうぞ」と、父を呼ぶ。茶飲み友達か!?
メリッサがミツバチと蜂蜜が好きなことを知ったご主人、
なんと蜂蜜を持ってきてくださる。

IMG_5121.jpg



巣箱ごとに採ったという蜂蜜。
寒くて結晶化してるが、???な蜂蜜。
スプーンを突っ込んだところ、何の抵抗もなく入っていく。
なんだこれは〜!!!パウダースノーみたいな触感。ぷにぷにしているだけで、楽しい黒ハート
お味も、もちろんグ〜よ。桜やアカシア、春真っ盛りのころの花木の蜜。

IMG_5119.jpg

たくさんの花木のお庭。全部咲いたらきれいだろうな。


お米や小麦をできるだけ低農薬・低肥料を心がける粉屋さん。
そんなおじさんのところには、ひっきりなしにお客さんがやってくる。
何の看板も無いのに、だ。
7月・8月、田圃には、ミツバチが乱舞する。

IMG_5126.jpg

お米の花だよ。(撮影者:粉屋さん)

大切に育てられている花木にもミツバチが。
開発の進む市内であるが、何だかオアシスのような処だった。

IMG_5136.jpg

ボケに集まる。色の美しいボケだ。


P.S.
「道わかったな。今度から粉買ってきて。ミツバチ見せてもらうように頼んどくから」と、父ちゃん。
小麦のお使い係りに任命されたメリッサであった。





posted by みつばち at 23:26| Comment(4) | TrackBack(0) | ミツバチと一緒にHappy Honey Days  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
粉屋さんのお話、読むと自然に笑みがこぼれます。みつばちでこうやって人の輪が広がっていくのっていいですね。

ところで稲のお花の写真は珍しい。(と思うのは私だけ?)
稲のお花は数時間しか咲いていないって聞いたけどホント?また、稲は風媒花と思い込んでいたけれど、みつばちはちゃんとお花に行くんですね。
Posted by Mitta Mitta at 2010年03月29日 10:02
メリッサも初めて見た気がします。
粉屋さんによると、
「風媒花だから、蜂が来なくても米はできるけど、蜂は寄ってくるよ」とのことです。
「この時期田圃に入ると、羽音が聞こえる」と、言っておりました。一番楽しい瞬間だそうです。
数時間なんて、短いですね。粉屋さんに行く時があったら、聞いてみますね。
Posted by メリッサ at 2010年03月29日 19:25
イネは一斉開花で11〜14時頃に田んぼ一面に咲きますから,ミツバチにとってはいまや魅力的な花粉源です.それが祟って,東北・北海道では農薬被害に遭っちゃうわけで,因果なものなんですが.イネより魅力的な花がないと,ミツバチの被害は食い止められないんです.
Posted by Junbee at 2010年04月01日 10:10
そうなんですね。

だから、農地ではなく野山に咲く花をどんどん増やさなければいけないんですね。
Posted by Mitta Mitta at 2010年04月02日 18:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック