2010年01月30日

アインシュタインとみつばち ふたたび

以前、アインシュタインの警告について「アインシュタインとみつばちの警告のうそ」という記事をアップしました。

アインシュタインとみつばちの接点がまったく見当たらないから、警告といってもかなり怪しいと書きました。
が、接点があったんです!

みつばち百花の「みつばち百科」の図書館をご覧ください。
「ある生物学者の回想」
ミツバチのダンスを発見した生物学者カール・フォン・フリッシュの著書に、アインシュタインがフィリッシュの講演を聴いて、研究室を訪問し、意見を交し合ったという思い出が書かれているそうです。

接点があったんですねぇ。。。
だからといって、「みつばちが絶滅したら、人類は4年以内に滅亡」という警告がアインシュタインによるものだという証拠はどこにもないわけですが。

研究室で二人はどんな話をしたのでしょう。
楽しかったと書かれているそうですから、人類滅亡という話題ではなかったと思うのですが。
1949年。昭和24年のことです。

posted by みつばち at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばちを取り囲む現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142963322

この記事へのトラックバック