2009年08月26日

贅沢の極み

KUMACHIKA展には、M姫と一緒に行けばよかった。。。

芸術的で学術的
このKUMACHIKA.のとっている姿勢こそ、
ファーブルと言えるのではないでしょうか。

と姫。

天敵同士が厚さ数センチの土の壁で隣り合って
同じ土の下でいっぺんに越冬している・・・
春になったら大変なことだ。
まずこの状況はあり得ないが、
越冬する生物をいっぺんに知れる満足感がある
(越冬する虫たち)

このような満足感は姫ならでこそ!

高山植物が開花期を揃えて、
絶妙な間隔で生えている姿もまた贅沢の極み
(高嶺の花たち)

なるほど。。。

アゲハ、キアゲハ、アオスジ、ルリタテハ、
キタテハ、アカタテハ・・・etc.

こんなに密にチョウが飛んでいるのを、
石垣島ですら見られないだろう。
(蝶の乱舞)

チョウチョがいっぱい、なんて見ていた私。。。

科学の目がほしい・・・と最近よく思います。

posted by みつばち at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ミツバチと一緒にHappy Honey Days  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック