2009年08月06日

蜜会スペシャル直前情報

国分寺の自然環境はなかなかいいかも・・・。
というのは、玉川大学から連れてきたみつばちたちは、とっても元気。
着々と花粉と蜜を集めています。

カフェスローのスタッフの方にトラップの仕掛けを朝、やっていただいています。
最近は、仕掛けに行くと、花粉カゴの周りにびっしり蜂たちが集まっていて、
「やめて、これがあると花粉が落ちちゃうじゃない!」と抵抗されているように見えるとか。

「みつばちたちが、キレたら、どうしましょう・・・」

と、言われ、思わず笑っちゃいました。

先生によると、
「巣箱の周りに蜂があふれるのは、この時期特有の現象で養蜂家用語では「夕涼み」といいます。これが朝まで,あるいは日中も持続します。蜂が多く、巣箱 の中の温度制御が難しいので空気の流れを確保するため、一部の蜂が外に出ます。外勤蜂のすべてが巣に戻る夕方がピークです」

暑いですからねぇ。
キレかけているのではないようです。ご安心を。

さて、着々と集められている花粉から、彼女たちの行動範囲や好きな植物などがわかってきました。はちみつからでは、絶対に知ることのできないみつばちたちの新しい側面です。
そんな中からどんなメッセージが読み取れるのか。。。

蜜会スペシャルでその一端を明かします!

みつばちともっと仲良くなりたい方、

はちみつのことが気になる方、

国分寺の、都市の自然環境が気になる方、

ミードやTHCセレクトのスペシャルハニーを味わってみたい方、

蜜蝋づくりを体験してみたい方、

コギリを聴いて(体感?)してみたい方、

などなど、どなたでも大歓迎です。

現在、参加予定は50名ほどです。

posted by みつばち at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばち百花PT@国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック