2009年06月29日

日本みつばちが大活躍

風土倶楽部の商品と関わりの深い岩手方面に出かけていました。
今回は、ミツバチは関係ないなあ、と思っていたら、2ヶ所で遭遇。
1ヶ所目は、風土で扱っている菜種油まごどさの地あぶら工房さんを訪ねたところ、敷地内で「います」とのこと。
見せてもらったのがこの箱です。

2009_0628iwate0071

箱を置いたら入ったそうです。あらら、簡単!
今年は分封もして、すぐそばの箱にすんなり入ったそうです。あらまた簡単!

工房のメンバーのIさんは、「ハチミツを取るのが申し訳なくて・・・」

ここはミツバチにとっては天国、ヘブンリーガーデンかも、です。
こんなアートな風景もある、ちょっとおしゃれな工房です。

2009_0628iwate0060

もう一ヶ所は盛岡市の山間部にある果樹園でさくらんぼのハウスにいたときに「どうやって受粉するのですか?」と聞いたところ、「人の手と日本みつばちとマメコバチ」とのこと。
特に日本みつばちは低温でも働いてくれるのでとても助かるそうです。

2009_0628iwate0088

すでに役割を終えて、山のふもとの木陰に置かれた巣箱。

2009_0628iwate0126

こんな丸い穴からも出たり入ったりしていて、かわいいです。

2009_0628iwate0148

2009_0628iwate0142

この日本みつばちの活躍にもよるさくらんぼを特別価格でお分けしています。
ご希望の方はこちらへ。



posted by みつばち at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 各地のみつばちと人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さくらんぼ、注文。本日、届きました。「フツーに美味しくて」すぐにひとパック。この「フツー」が得難くなった昨今、初めての注文でしたが、とてもよかったです。ありがとうございます。季節の終わりの、残り福、といったところでしょう。先日、シュンドルポンの採蜜風景をテレビで見て。こちらも、そうそうあんな感じ、と懐かしくなりました。ダッカでは混ぜものがあるとのことで、荷物になるのを承知で、掘っ立て小屋のような売店で購入のマングローブの蜂蜜は、とびきり癖のない味でした。帰国後、知らない間にカミさんが食べてしまっていました。
Posted by Tana at 2009年07月04日 22:39
Tanaさん
さくらんぼのご注文をありがとうございました。ご満足いただけたようでよかったです。
マングローブのはちみつ!どんな味なんでしょう。
もし、ご都合がよろしければ、8月8日のハニー・ナイト・パーティにぜひ、ご参加くださいね。
Posted by Queen Bee at 2009年07月05日 13:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。