2008年10月07日

シャクナゲのはちみつ

今日から始まった新宿・伊勢丹の「イタリア展」の6階催し物場ではイタリアのおいしい食が満載です。ふと目を留めたのは、ピエモンテ州のシャクナゲのはちみつ!以前、私がジャーナリストの島村菜津さんにいただいた「偉大なる天国」という名前の野生のシャクナゲのはちみつについてご紹介しました。こちらです。

Fi2621384_1e

これはピエモンテ州のもの。さて、どんなお味がするのでしょう。「日本の蜜源植物図鑑」には、なぜかシャクナゲは掲載されていないんです。日本とイタリアのシャクナゲは、違うものなんでしょうか。茶の花に次いでまたしても疑問です。このはちみつを発見する前にアンチョビだの、バーニャカウダだの(どっちもアンチョビ!)を買ってしまい、重かったので買わなかったのですが、やはり買えばよかった。。。13日まで開催中。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック