2006年08月09日

みつばちの居場所 神社編

山形県戸沢村角川では、こんなところで発見!
そう、神社です。

Fi2621264_1e
お社の中にこんな巣を作っていました。
かなり年季が入っていそう。

地元の方によると、たまに切り取ってはちみつをいただいているそうです。
Fi2621264_2e

ここは同じ地区の別の神社です。
Fi2621264_4e

ちょっとわかりにくいけれど、梁と白壁の間の穴が見えますか?
ここが出入り口になっています。
要するに神社の屋根裏がすべてみつばちたちの巣というわけです。

中はいったいどんなことになっているのか。
誰も見たことがないそうです。
神社を解体しないと見えないから。
Fi2621264_3e

田んぼはいろいろな生き物を育む大きなゆりかご。
日本みつばちにとっても居心地のよい自然がたっぷりの戸沢村でした。

Fi2621264_5e
都内在住の方からメールをいただきました。
「漬物樽にみつばちが巣をつくっています。
どなたか引き取っていただけませんか?」
早速、みつばちレスキュー隊員1号のハッチが現場に向かうことになりました。
さて、どうなることやら。

都会では、みつばちたちも居場所に困りますねー。

ラベル:日本みつばち
posted by みつばち at 18:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 各地のみつばちと人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「拝啓、1号隊員ハッチさま」事の顛末、続きをお願いします。テレビでしか見たことのないレスキュー風景、見たかったです。
Posted by Tana at 2006年08月18日 02:02
残念ながら、救助依頼の方からその後、音信が途絶えてしまいました。どうなったのか、私も気になっています。都会では巣が発見されると大騒ぎになりがちですが、レポートにもあるように、地方では当たり前の風景です。地域の方たちも、「そういえば、あそこにあるよ」とか、「どっかで見たなあ・・・あ、あそこか」そんな感じです。このレポートの現場も、私が「どっかにみつばちの巣なんて、もしかしたら、ありますか?」と聞いてみたので、連れていってもらえました。
Posted by ハニークィーン at 2006年08月21日 09:56
ザムネン!無事、新天地に引っ越しできたことを祈りましょう。先日、女王蟻(Beeじゃなくて、Ant)をフライパンでカリカリにして食べている番組をみました。巣箱の移動などで沢山、蜂が死んじゃったりするでしょ。あれって、食べられないのかしら?つい、そんなことを思ってしまいました。
Posted by Tana at 2006年08月22日 03:29
そういえば、ニホンミツバチの自然巣が夢の島にあったが7月か8月に駆除された模様。かわいそうに、2年間ずっと見守ってきたのに・・・・・・・・。
Posted by maka at 2006年09月01日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック