2006年08月06日

日本みつばち in 和歌山

このところ出張続きで更新が遅れがち。
真夏の出張は、体力的にけっこうきついです。
が、行く先々で日本みつばち発見!

まずは和歌山県みなべ町。
ここは南高梅と備長炭の産地です。

こんなにきれいな白い砂浜もあります。

Fi2621263_1e

備長炭の名人の窯を訪ねたら・・・

この大迫力の窯で備長炭が焼かれます。
窯の温度は1000度を越えるそうです。

Fi2621263_2e
発見!

Fi2621263_3e

この巣箱は今まで見たことがないタイプです。
この窯に行くまでの道路端には、例の木の洞を模した巣箱が置かれていたとか。
というのは、ついうっかりうとうとしてしまって、私は見逃してしまいました。

Fi2621263_4e

どんな味のはちみつかは、まだ、食べさせてもらっていないので不明。
2月中旬には町中が梅の香りに満たされるほど梅林だらけのみなべ町。
でも、梅は冬越し直後のみつばちの貴重な食糧だから、たぶん梅のはちみつはあまり残っていないでしょうねぇ。

Fi2621263_5e
山の上まで梅です。



ラベル:日本みつばち
posted by みつばち at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 各地のみつばちと人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
横胴ですよ

伊那地方ではポピュラーな箱です
Posted by 今さん at 2010年03月09日 09:08
伊那と和歌山がミツバチでつながっているんですね。
Posted by Lazy bee at 2010年03月09日 09:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。