2006年06月01日

また、「発酵」の夏がやってきた

瓶の回りに目をやると、あれ!はちみつが洩れている!もしや・・・と蓋を開けてみたら・・・

Fi2593401_0e
あーっ、やはり発酵が始まっていました。これは日本みつばちのはちみつです。

冬には結晶化するし、夏には発酵するし、はちみつって生きているんだなあ。

昨夜、大きい瓶に移し変えてみました。

Fi2593401_1e
ありゃりゃ、もう、こんなに発酵しています。

ぶどうの果実のようないい香り・・・

どーしよっかなあ。

水を足して、もっと発酵させてしまおうっかな。

posted by みつばち at 09:25| Comment(3) | TrackBack(0) | ミツバチと一緒にHappy Honey Days  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてー。すごいですね、発酵!ニホンミツバチの蜜はみんなこうなるのですか?糖度が高くてもやはり発酵するのもなの?発酵しても普通に食べれるんですか?興味津々です 笑
Posted by たくや at 2006年06月02日 17:36
ニホンミツバチでもセイヨウミツバチでも薄い蜂蜜は発酵しますよ。充分に濃縮された蜂蜜は何年、何十年、何百年と持つそうですよ。せっかくですから発酵したものは食べて(飲んで)みてはいかがですか。ミードでしょうね。よっぽど粗悪な蜂蜜だったのでしょうねってか・・・・・・・イヒ!
Posted by maka at 2006年06月02日 21:12
発酵するのは、酵母がいるからです。粗悪だとか、薄いとかではないようですよ。そのあたりのことは、今度の蜜会で中村先生にお聞きしてみようと思います。
Posted by ハニークィーン at 2006年06月03日 12:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック