2006年02月26日

ハチミツでおいしいご飯を炊こう!

ハチミツの不思議な力はたくさんありますが、私達の食生活に役立つハチミツの偉大な力をまたまた発見です!

Fi2345920_0e

私達日本人の食生活に切っても切れない、お米。そのお米が、ハチミツを使っておいしく炊けるのです。お米をといだ後、ハチミツを混ぜた水に2時間漬けておきます。ハチミツに含まれるブドウ糖と果糖は浸透性がよく、保水性を高めます。また、でんぷん分解酵素のアミラーゼが炊飯中に米のでんぷんを分解し、ブドウ糖に転化するなどから、ふっくらと炊け、米の甘みが増すということのようです。(固いハチミツは水にすぐ溶けないので、写真のように、いったんボールで水とハチミツを混ぜてから、釜に水を注ぐのをお薦めします)

Fi2345920_1e

分量は、私はお米5合(白米4合、玄米1合)に対して、写真のような大きなスプーンに軽く2杯ほど入れてみました。ちなみに、入れたのは福島県川内村の日本ミツバチです。我が家は、お米を鉄釜で炊いていますが、もともと玄米は炊く前に2時間くらい水に漬けておく(最近の電気炊飯器は玄米も普通においしく炊けるようですが)ので、ちょうどいいわけです。

さてさて、結果を言いますと・・・。
Fi2345920_2e

炊き上がりはこんな感じ。

Fi2345920_3e
アップにするとこんな感じ。お米が、いつもよりふっくらと炊き上がっています!いつも、玄米が少し固めに感じるのですが、今回は玄米も柔らかくふわっと炊き上がっている気がします。

もちろんハチミツの甘さは感じません。しかし、お米の甘みというか、旨みはすごく引き出されています。玄米特有の臭みも、すごく緩和されていて、お米が断然味わい深くなっています。
玄米食の方は、ぜひトライしてみていただきたいと思います!

しかし、問題は焦げやすいかも?でも、これはおそらく、鉄釜で炊いた際の私のミスだと思いますが・・・。

皆さんも、ぜひぜひ試してみてください!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック