2006年01月27日

入浴後のはちみつ

40度にキープしたお風呂に4,5時間も入っていただくのはちょっとエネルギー&燃費がもったいない。そこで、一晩、お風呂に蓋をして、残り湯でやってみました。

Fi2258353_0e

入浴後のはちみつです。
こんな感じでとろとろ状態になりました。
結晶を完全になくすためにはもう一晩、浸かっていただくかな。

3重にビニール袋をして入れておきましたが、思った以上に水が侵入してくるので、くれぐれも防水をお忘れなく。

この記事へのコメント
かなり入浴時間は長いようで・・・・。赤目では、可愛いボールにて目の届く範囲で腰湯をしっかりつかったという感じです。最近は半身浴がからだにいいそうです。ちなみにこの季節は、結晶したハチミツが「今が旬」といったかんじがしますがどうなのでしょうか?わたしが常日ごろからハチミツの話をしていると、誕生日に娘が大阪でみかんのハチミツを買ってきてくれました。福岡県産の馬渡養蜂場のものでした。彼女も管理栄養士めざしているので地場産や風土という意味では参考になるローカルジャンクションだと紹介しています。
Posted by 赤目のクマのプーさん at 2006年01月28日 23:23
腰湯ですか。なるほどそういう手もありますね。そう!別に結晶していてもぜんぜんよいのですよ。バターっぽくて私は好きです。藤原さんは擂鉢で摺るとか、ミルサーで攪拌して滑らかにして食べるのもよいとも言っています。まあ、お好みですね。風土についてご理解いただけると、とってもうれしくなります。
Posted by LJ21 あさだ at 2006年01月29日 12:49
おひさしぶりです。はちみつをお風呂に入れてあげるって、なんかもうその時点ですてきですね。みつばちの致死温度はたしか48度くらいだと読んだ憶えがありますが(オオスズメバチのそれは45度くらいで、その差を利用して天敵と闘うって)、そんな温度とも関係がある「お風呂温度」なのかなとも思いました。ぼくも雪のように結晶したあのシャリシャリ感がだいすきなので惜しい気もしますが…、でも、ときどきいっしょにお風呂なんて思うとそれもいいなと思いますね(笑)。では、また。
Posted by macabeille at 2006年01月31日 00:17
あ、お久しぶりです!スズメバチを蒸し殺してしまうすごい技をもつのは日本みつばちです。小さくて、華奢なからだのどこにそんなパワーを秘めているのかと思います。お風呂の快適温度は、人にとっても40度ぐらいだから、はちみつがうっとりととろ〜り状態になるのと同じというのは面白い符号ですよね。
Posted by LJA at 2006年01月31日 10:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック