2006年01月23日

結晶してしまったはちみつはお風呂に入れてあげよう

東京も寒波で冷え込んでいる毎日。我が家のはちみつコレクションを北西にある部屋においていたら、すっかり結晶してしまいました。

左から いたどり、梅、みかん、りんご
いたどりとみかんはしっかり結晶中。

Fi2246822_0e

そこで藤原誠太さんに元に戻す方法を伝授してもらいました。
一番良い用法は、循環式のお風呂に入れることだ!とのこと。
温度が一定になるお風呂・・・ん?それは我が家のお風呂でも可能。
はちみつの瓶をビニールの袋に3重ぐらいにして入れる。くれぐれも水が入らないように細心の注意を払う。特に口の部分は結ぶだけじゃだめ!とのこと。
温まった空気が膨らんで浮いてきてしまう可能性もあるので、空気を抜いておくことも大切。
これで4、5時間ぐらいお風呂につけておくのが一番理想的らしい。

60度以上だと成分が壊れてしまうので湯煎はなかなか技術が大変。
酵素を生きたままにするには50度以下に。
理想的なのは40度ぐらいでじっくり元に戻すこととのこと。

以前、聞いたことがあるのですが、結晶したものは腐っているとか、変質してしまったと思って捨ててしまう人もいるとか。はちみつの甘みの主成分はブドウ糖と果糖です。結晶は、ブドウ糖の含有率が多い場合や、花粉などの核になるものが多く混入している場合におきます。結晶したものは、ちょっとざらつくだけで、味に変化はないし、むしろクリーミーになって扱いやすい部分もあります。

近々、我がはちみつコレクションの一部を試しにお風呂に入れてみることにします。

Fi2246822_1e

この記事へのコメント
いつも実用的ではちみつにまつわるお話、レシピ、情報を楽しみにしております〜!な〜るほど!ハチミツもお風呂にはいると血行がよくなるようでっ!結構なお話ありがとうございます〜(^^)/
Posted by 赤目のくまのプーさん at 2006年01月24日 20:56
いつもありがとうございます。実はお風呂に入れてあげる前に思いついたことがあります。うちのマンションはありがたいことに床暖房になっています。そこで、床にタオルを敷いて、その上にはちみつの瓶を置いて、上から毛布をかけて、温度を一定にしてみたら・・・と考えたわけです。ただ今、実践中。はてさて、どうなるやら。確か赤目もリビングに床暖房が入っていたましたよよね?
Posted by LJ21 あさだ at 2006年01月24日 22:32
お誕生日、おめでとうございます!ホットケーキの日と同じなんて、あったかーいお人柄そのものですね。私もホットケーキは大好きです。はちみつを知って以来、やはり大好きなメープルシロップとはちみつ、どっちをかけようかといつも迷ってしまいます。そう!私もはちみつをただ今入浴させ中です。いい具合にとろとろしてきています。明日あたり、ご報告できそうです。
Posted by LJ21 あさだ at 2006年01月26日 08:50
いや〜!朝から早速、結晶化したハチミツさんの入浴タイムで午後には程よくなめらかになっておりました。今日は、デイサービスでお菓子作りの日だったので、ホットケーキのもとをホットプレートで焼いてあんこをはさんで、どら焼き風に・・・。食べる直前に大内山のハチミツをたらしておやつに頂きました。まいう〜!いつまでたっても痩せることはできません!ちなみに今日は、私の誕生日でもあり、ホットケーキの日なんだそうです。
Posted by 赤目のクマのプーさん at 2006年01月26日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック