2006年01月16日

育てて食べたい日本みつばちのはちみつ!

ニッポン食育フェアの「大人のための食育ワークショップ」のトップバッターとして14日午前10時半から「育てて食べたい日本みつばちのはちみつ」を実施しました。

レンガ色の部分がLJ21の風土倶楽部のブース、左側がワークショップの会場です。

Fi2227987_0e
講師はおなじみの日本在来種みつばちの会会長である藤原誠太さん。15日に玉川大学で開催されるミツバチ科学研究会にちょうど参加されるとのことで、一足早く来てもらって日本みつばちへの熱い思いを語ってもらいました。

Fi2227987_1e
今回の「ワインのようにはちみつを楽しもう!その2」は、もちろん日本みつばちのはちみつ。まずはアカシアで基本の味を知ってもらい、三重県大内山、宮崎県高千穂町、福島県川内村、長野県乗鞍高原、そして岩手県盛岡市の「にごり蜜」と徐々に個性的な味を味わってもらえるようにしてみました。

どれが一番お気に入りになりましたか?と質問してみたら・・・
なんと日本みつばちのはちみつとしてはかなり個性的な乗鞍高原のものが一番人気でした。

左は分けとく山の野崎洋光さんにお願いして作ってもらっただて巻きです。青海苔がたっぷり入っています。砂糖ではなく、川内村のはちみつを使ってもらいました。
レシピはまた後ほど。

Fi2227987_2e

みなさん、とっても熱心に耳を傾けてくださいました。
みつばちプロジェクトについてもご紹介したところ、終わってから、小学校の屋上で飼えないかというご相談もありました。

実は前日には銀座の屋上で置けないかというご相談もあり、どんどんみつばちプロジェクトは広がりを見せつつあります。これも後日、ご報告したいと思います。

Fi2227987_3e

日本みつばちのはちみつは、風土倶楽部ブースでも大好評で、用意した100個あまりの瓶ととんがり容器は2日間で完売してしまいました。
販売を担当してくれたのは、藤原誠太さんのほか、高校生養蜂家の福原保くん、みつばちプロジェクトでは赤目の里山との結び役となった中村良三さんです。
3人のみつばち&自然科学大好きオトコたちの思いがブースを訪問してくださった方々にしっかり伝わったようです。

一人でも多くの方に、日本の地域の味わい深いはちみつを、そして日本の自然の豊かさを知っていただけて、東京はちみつクラブとしてはうれしい限りです。

Fi2227987_4e

ラベル:日本みつばち
この記事へのコメント
朝田さん・・・お元気ですか?メールありがとうございます!中村さんが大活躍中の写真がでていますね。食育フェア大盛況ですね。一度そんなイベントが近くであれば行ってみたいものです。最近は、アロマオイルでフットマッサージを高齢者の方にサービスしています。ハーブティにはちみつを入れておすすめしょうかな?って思っています。三鷹モールのショップで風土クラブの欄ではちみつを購入しょうと思って自宅でインターネットで試みてみるのですがいつも切断されてしまい、欲しいはちみつが手にはいらなくて・・・・。最近(?)以前から太っちょ気味なのではちみつで活性化したいと思っているのです。
Posted by 赤目のクマのプーさん at 2006年01月19日 20:25
フェアの後、どっと疲れが出てしまい、回復に時間がかかってしまいました。今年のフェアでは、商品が多かったので日本みつばちのはちみつを中心にほんの少しだけ置いていたのですが、好評で売り切れてしまいました。来年は赤目のはちみつが登場するといいですね。ところで飲んでますか?このブログでもご紹介しましたが、紅芋酢をほんの少しだけ焼酎に入れて飲むのがおすすめです。悪酔いしません。三鷹モールで中断されてしまうのは、こちらの不具合でしょうか。
Posted by LJ21 あさだ at 2006年01月23日 10:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック