2005年12月19日

紅芋酢とはちみつの最強コンビ現る!

先日のはちみつヌーボーパーティでもご紹介した京都府宮津市の飯尾醸造による紅芋酢。地元の丹後で獲れた紅芋酢から紅芋もろみを造り、時間をかけて発酵・熟成させたお酢にはポリフェノールがたっぷり。

Fi2149515_0e
ポリフェノールはいわずとしれた抗酸化物質の一つ。
ストレスや暴飲暴食、怪しげな工業製品化された食べ物などで疲れた体にどんどん増える活性酸素を撃退してくれるありがたーい物質なのです。ポリフェノールは赤ワインにたくさん入っていると有名になった物質ですが、毎日、赤ワインをがぶがぶ飲んでいたら、からだにいいわけない。

そこで紅芋酢です。
お酢は、血液をサラサラにし、動脈硬化を予防したり、糖尿病の予防、老化防止などなど功能多数。
それにですよ、ビタミンC破壊酵素の働きを弱める作用をするため、美肌にも良い!

Fi2149515_1e
ということで、紅芋酢を知ってから、毎日、はちみつをぬるま湯に溶かして割って飲んでいます。
はちみつも功能多数。ということは最強コンビではないか?
ふふふ。めざせ!若返り!
とか気になりだしたということが問題かも・・・。

Fi2149515_2e

色がきれいだから、それだけで楽しい。
はちみつは、60度以上になると成分が壊れていくので、ご注意を。

耳寄り情報:
はちみつで割って飲むのはどうも・・・という辛党の方へ
飯尾醸造5代目見習いさんの飯尾彰浩さんお勧めのドリンクをご紹介します。
芋焼酎にほんのりほんのり色がつくぐらい紅芋酢を入れて、ロックや水割りで。
お酢は肝機能を高めてくれるので二日酔い防止になるそうです。
だからといって、飲みすぎない!ことはいうまでもありません。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック