2005年11月29日

女だけの冬越し

おっと!向こうに見えるあれはなんだ?

Fi2093430_0e

巣箱じゃないですか。
こうなると団地みたいですねー。

Fi2093430_1e

ここは群馬県片品村の山間の集落の中。
日が翳りはじめると、急激に温度が下がってきて、さむーっ!
標高800m近いから、かなり冷え込んできています。
例年通りなら、そろそろ雪が降り始めるころ。
さすがにみつばちさんたちは、すでに冬支度のようです。
1匹も飛んでいる姿をみかけません。

Fi2093430_2e

スズメバチトラップには、見事にスズメバチの死骸がたまっていました。

さて、事を成就したオス蜂は昇天し、そうでないオスたちは巣箱から一掃されたはずなので、冬を迎える巣箱の中は完璧な女所帯ということになります。

女同士で温めあって、冬を越すというわけですね。
なんか結束、強そう。

雪が積もっても、このままなのかなあ。気になる・・・。

posted by みつばち at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ミツバチと一緒にHappy Honey Days  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック