2005年08月22日

東京はちみつバー in 麻布十番、 大好評!

聞きしに勝る納涼まつりの人出で、連日、猛暑に関わらず、人、人、人・・・。六本木ヒルズの周囲は人であふれかえっていました。

Fi1757549_0e

今回の「はちみつバー」は、尾瀬の生とうふで十数種類のハチミツをテイスティングするという「東京はちみつバー的豆花」を中心に展開しました。「豆乳とハチミツ?」と初めは不思議そうな訪問者たち。でも、食べてみて、すっかりとりこになって、いろいろなハチミツを片端から試していました。

Fi1757549_1e

ここでも特に人気は「そば」。色が黒に近いので、まずは好奇心からかけてみるようですが、トライした半分くらいが「あ、いける」という感じ。1割の人が「何、これ」。みんな、味に刺激を求めているのかなあ。
誰にも好評なのが「野ばら」「木いちご」。ソメイヨシノの香りと味わいには全員、びっくり。「菩提樹」にはうっとり、と、いろいろ反応が面白いです。

今回、初登場の宮崎県高千穂町天岩戸のくりのハチミツは好評で完売。ただ、天岩戸と言っても「?」と言う若い人が多くて、日本の神話も忘れ去られつつあるのかとちょっと寂しかったです。今回の看板ガールとボーイの20代前半の二人は知っている!と言っていましたが。神々の里のハチミツ、かなりおいしいです。画像を見てください。ね、神々しい感じでしょ?
Fi1757549_2e

長野県上高地からも、日本蜜蜂のハチミツが今回、初のお目見え。同じ松本市内の奈川と安曇沢渡の二つのエリアからの登場です。面白いことにほんの少し場所が違うだけで、まったく味が異なります。長野県はそばの本場。かなりそばの蜜が入っているようで色も濃い目です。
味わってみた人の感想は「やさしい味わい」「奥深い」などなど。西洋蜜蜂の採取したハチミツとはかなり味が異なることはおわかりいただけたようです。このハチミツについては、また、後日、詳細をレポートしたいと思います。

Fi1757549_3e

金曜日は「豆花」の登場がなかったのですが、土曜日は完売、日曜日は7時ごろに完売してしましました。
みなさん、ありがとうございました。
一緒に出ていた青森県鯵ヶ沢町の毛豆「風丸」の枝豆も大好評で完売。枝豆も伝助すいかもむちゃくちゃおいしかったです。伝助すいかはただ今、太っ腹プレゼント企画の実施中。ぜひ、サイトを訪問してみてください。

鯵ヶ沢町特産のイカ焼きは、食べよう、食べようと思いつつ、忙しくて香ばしい香りだけを堪能して、逃してしまいました。来月は鯵ヶ沢訪問の予定なので本場のイカと枝豆を楽しみにしています。
また、やはり一緒に出ていたNPO Think the earthのスタッフのみなさん、大変、お世話になりました。こちらのみなさんも一緒にできて、とっても楽しかったです。ありがとうございました。

Fi1757549_4e

2005年の夏はイベント続きのLJ21でしたが、いよいよ来週、この夏、最後のイベントです。詳細は後日また。

posted by みつばち at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ミツバチと一緒にHappy Honey Days  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック