2005年04月16日

ナナカイなのにハチカイ 屋上で養蜂

写真は皇居前の7階だてビルの屋上で行っている養蜂です。藤原さんが「ナナカイなのにハチカイ」と言っては喜んでいます。そのたびに「そうよねぇ」なんて相槌を打つ自分も自分だと思いますが。

Fi1251245_0e_2

画像は今年から始まった「食と農」の博物館4階立ての屋上の養蜂施設の様子です。撮影は、3月中旬だったので、まだ、ハチたちは到着前です。

実はこのスペースは、家庭の屋上での「ハチカイ」のすすめという意味もあります。四方を囲い、風をさえぎり、ミツバチたちを保護しつつも、滑走路は確保する。ハチミツをその場で遠心分離機で採ることも想定したまさに「ハチカイ」スペースなのです。ここに来れば、養蜂がすごく身近に感じられて「意外に簡単に飼えるなあ」と思われることでしょう。ただ、「飼う」という言い方が正しいかどうか。ミツバチたちには、まったく飼われているという意識はありませんから。
現在は、この囲いの中に、5箱設置されています。

Fi1251245_1e

みつばちスクール、おかげさまで参加希望をあちこちからいただいています。ご希望の方はお早めにLJ21事務局までご連絡ください。リンク先からアクセスできます。



posted by みつばち at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ミツバチと一緒にHappy Honey Days  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。