2010年03月03日

うめ〜

午前中、父ちゃんが粉屋から戻ってくると。
メリッサに何かくれる。ビニルにくるまれた茶色いモノ。

おおぅ。こ、これは…。

蜂の巣である。ミツ入り。さっそく食べてみる。
甘さと共に、ちょっとすっぱい。うまい〜。
ハチミツが発酵したようなすっぱさではなく、
花のフルーティーなあまずっぱさ。

IMG_4823.jpg


これは。。。梅の花の香りの味がする。
メリッサ、花の香りは梅が一番好きだ〜。
「あの香りが食べられたら、どんなにか幸せだろうな〜」と、
いつも思っていたので、うれすぃ〜黒ハート
早春の香りを味わう。ハチミツって、素晴らしい食べ物だ!!


メリッサの家の庭も今は梅が、一番誇らしげに咲いている。
鳥も食み、ミツバチも来て、何やら賑わっている。
花粉を取ったミツバチは、メリッサが干している布団の上で、
一休みしてから戻っていく。

IMG_4732.jpg


「石井(隣のあざ)の人が、飼ってる」と、父ちゃん。
「ハチミツは売ってないけど、3箱飼っている」とのこと。
なんと、「じゃあ今度見に行くか?」と。行くぅ〜!!

P.S.巣の大きさからして、日本ミツバチのようだ。  
 しゃりしゃりした白っぽいものもある。
 ひたすら甘い。これは給餌した砂糖かな。  
 


  

ラベル: 蜜源 花粉源
posted by みつばち at 18:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ミツバチと一緒にHappy Honey Days  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しゃりしゃりしたのは、巣房の中で結晶したハチミツではないかな?今の時期に採ると良くあります。
Posted by 植木屋 at 2010年03月04日 20:09
そうなんですか〜。
ちゃんとハチミツなんですね。
ところで何で、今の時期採蜜するんですか?
Posted by 小心者おざき そら at 2010年03月04日 21:35
うっ、痛いところを・・・(笑)。
春までもう少しのこの時期、女王蜂が寿命?でいなくなったり、いつの間にか群が消滅していたりする事があります。
冬の間はほとんどいじらず、この時期に生存の確認だけすると、上記の状態で発見される事が時にあります。
すると採蜜になる訳ですが、この時期は粘度も高く、部分的に結晶もしていることがあるので苦労します・・・。
Posted by 植木屋 at 2010年03月05日 18:37
ハチたちにとったら、ちょっと切ないですね。
野生の巣だったら、人知れず蜜だけが熟成されてるんですね。
Posted by 小心者おざき そら at 2010年03月05日 20:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック