2015年05月29日

日本でラベンダーのハチミツは採れる?

ラベンダーの季節が始まりますね〜。
ガーデンのラベンダーは、早咲きのストエカス系が終わりました。
まもなく大株のラバンディン系のグロッソが咲くと、急に華やいだ雰囲気になります。

RIMG0294.jpg


RIMG0037.jpg


このところ「ミツバチの好きな花」で検索して、当ブログを訪問する方が急増しています。
ミツバチの好きな花にこんなに関心が集まるなんて、とてもうれしいです。
メールでも、花とミツバチに関するお問い合わせをよくいただきます。
そこで、よく質問いただくことに対しての回答をアップしておきます。

今回は、「ラベンダー」です。
「ラベンダーのハチミツは採れるのか」についての質問です。
なお、バラのハチミツに関しては、こちらをご覧ください。
バラのハチミツってあるの?
引き続きバラとハチミツ

<ラベンダーとは>
ラベンダーは、地中海沿岸地方原産の植物。基本的に高温多湿に弱く、乾燥した日当たりのよい場所と、アルカリ性土壌が適しています。マイナス10度ぐらいまでの耐寒性はあるので、北海道や長野県の高地など冷涼な地域で栽培されていることが多いです。が、最近は、改良された園芸品種も多く、耐寒性、耐暑性に優れた品種も出てきています。
なんといってもラベンダーは人気が高いですからね。

くにたち蜜源ガーデンでも、あえていろいろな種類を育ててみましたが、中には耐寒性のないものもかなりありました。というのが、ガーデンは、風通しがよく、その分、北風も吹きます。北海道など雪に埋もれてしまうところは、かえって雪の下で温度が一定するので、冬越しが容易な面もあるようです。
寒風吹きすさぶところでは、ラベンダーにとって、けっこうきついのかもしれませんね。

さて、ラベンダーのハチミツが果たして日本で採れるのか・・・
結論から言えば、かなり難しいと思います。

<栽培面積>
日本のラベンダーといえば富良野。その北海道でラベンダーの単花蜜の実績はありません。
海外では、フランスなどでラベンダーのハチミツが採れていますが、村まるごとラベンダー栽培をしているというような規模で栽培されているようです。農業国フランスならではですね。
ラベンダーの単花蜜として販売するためには、広大な面積でラベンダーを育てる必要があることはいうまでもありません。

<種類>
ラベンダーは種類が多く、海外で実績がある種類と日本の風土に合うものとは異なると思われます。どの種類のものが、栽培する地域の風土に合っているのかだけでなく、どのくらいの流蜜があるのかは、いろいろ育ててみて検証する必要があると思われます。

<ラベンダーの花蜜の特徴>
ミツバチは、シソ科の花が大好きですが、その多くは水分の含有量が多く、花蜜糖度が単花蜜を得られるような蜜源の一般的な値である50%以上をクリアしていません。コモンラベンダーで28〜35%Brixです。
だから、広大な面積で大量の花が必要になるといえます。

<なにを目的にした栽培なのか>
ラベンダーの花は、エッセンシャルオイルを抽出したり、アロマとして、さまざまに利用することができます。が、蜜を採ろうとすれば、花の最盛期に摘むことはできません。一方、よいオイルを採るためには、花が咲き始めたら、すぐに採取することが必要になります。
ミツバチの利用と人間の利用はなかなかマッチしません。

広大な面積でラベンダーを育てた場合、花が終わってしまえば、そこはミツバチにとって利用できないエリアとなります。周辺にどのような蜜源があるのか。移動養蜂に対してのラベンダーの花の提供なのか。
そうしたことも含めて検討する必要があるでしょう。

2015年05月25日

講座のご案内

講座のお知らせです。

くにたち花と緑のまちづくり協議会主催の連続講座「めざせ!コミュニティ・ガーデナー」に第2回目として「くにたち蜜源ガーデンの取組み」について、みつばち百花代表の朝田がお話させていただきます。

最近は、地域の住民が自分たちで管理運営する「コミュニティ・ガーデン」が、各地で注目されているようです。
くにたち蜜源ガーデンは、コミュニティ・ガーデンというよりも、テーマ・ガーデンという感じなのですが、地域住民(養蜂家や地主さん、地元NPO法人のくにたち富士見台人間環境キーステーション)などとご一緒しているという意味では、コミュニティ・ガーデンでもあるのかな。

今回は、ミツバチをテーマに掲げたガーデンの意義や歩み、発見したことなど、この4年間に得たことなどをお話します。

日時:6月21日日曜日 13:30〜
場所:KF まちかどホール(国立市富士見台1-7-1 富士見台団地1号棟1階)
アクセスマップをご覧ください。
参加費:無料
お申込みは、国立市環境政策課 花と緑と水の係 まで
メール: sec_kanseisaku@city/kunitachi.tokyo.jp
電    話:042−576−2111 内戦 137,138
電話受付時間 8:30〜17:30
ファックス: 042−576−0264
お申込み時に氏名、住所、電話番号、メールアドレスをお知らせください。


コミュニティガーデン 第2回表 (1).jpg


コミュニティガーデン 第2回裏 (1).jpg


どんなガーデンであろうと、植物を育てることに変わりはなく、そこにある課題も共通のものが多いはず。
実は、第1回目の神奈川県川崎市宮前区の宮崎コミュニティ・ガーデンさんたちの取組み発表「市民の癒し、交流の場としての15年」のお話に参加してみました。

地域の50代〜70代の女性15人ほどで15年にわたり「季節の小路グリーンガーデン」を管理してきた経験談です。
15年も続けてこられたなんて、それだけですごい!と思います。

広さは、12.45mx53,8mだから200坪ほど。斜面になっていたり、ガラが多かったりで、いろいろ御苦労も多い感じ。育てている花は、やはりハーブ系が多く、私たちと同じような花がけっこう多かったです。1年草はお金がかかるから、多年草を中心にしている・・・いや、まったく、その通り、わかる、わかる、なんて思いました。
タープテントを同じものを使っていたり、雑草で苦労していたり、共通の課題も多く、興味深く聞きました。

毎週土曜日の2時から4時と決めて活動しているそうです。夏は3時〜5時。比較的近いところに住んでいる人ばかりのようなので、短時間で集まれるようです。いいなあ・・・
メーリングリストとかなくて、ただ、この時間ね、という感じなんだとか。
私たち百花メンバーは、千葉や、埼玉から来る人もいます。ちょっとした水やりなどは、地元の人にお願いするけれど、やはり気になることも日々あるから、距離って重要なのよねぇ。。。

花植えイベントやコミュニティ市、腐葉土作り、小学生を対象にした青空教室などを実施していて、なかなかアクティブに活動しています。

雑草には、やはりかなり苦労しているとのこと。
そうか、私たちだけじゃないのね!と、妙に安心しました(笑
肥料にすると種が生きてしまい、また、雑草に悩まされることになるので、ゴミで出しているということです。

私たちのガーデンは、生産緑地であること、蜂場があること、管理運営母体のあり方、そして、私たちは、ミツバチ=生物多様性というテーマを掲げ、その実現に向けて検証を行っていること、など、違いは多々あります。
そんな違いから見えてくること、共通の課題などをみなさんとご一緒に考えてみましょう。

ただいま、注目中はヒメイワダレソウの成長ぶり。
これが18日。

RIMG0312.jpg


これが23日。

RIMG0307.jpg


ガーデンは、今が一年で一番気持ちいいかも〜。

RIMG0346.jpg


ブルーベリーたちよ、しっかり色づくのだよ〜。

RIMG0317.jpg


雑草を抜かざるもの、食うべからず・・・と言ったら、ちょっとひんしゅくを買ってしまいました・・・
一人はみんなのために…のミツバチに、なかなか学ばない私です。


posted by みつばち at 17:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 蜜会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

1匹だけのご訪問

1年で一番花が多い時期に突入しました。

RIMG0370.jpg


RIMG0366.jpg


この角度からの風景だと、なんとなくガーデンぽい(笑

4年目となり、どの花が、どんな時期に、どんな状況で咲き、どんなふうに散っていくのかがようやくわかってきました。
やってみないとわからないことが多いです。

ブラックベリーは、すでに実になり、眺めるたびにニマニマしているメンバーたち。

RIMG0295.jpg


花の時期が割合短かった。
まだ、だらだら咲いているラズベリーと違うのね。
ということは、一斉に実がなる!
収穫のスタンバイをしておかないと・・・むふふ

コモンセージが、りっぱな株に成長して、花をたくさん付けています。

RIMG0341.jpg


でも、案外、ミツバチの人気は中くらいなんだよなあ。
サルビアの方が好きみたい。
花の量が圧倒的に多いから、かな。

RIMG0344.jpg


りっぱなイチゴ。ミツバチさん、ありがとう〜と感謝しつつ、摘みたてをぱく!
美味です。

RIMG0289.jpg


アンジェリアが、すでに種になっています。
花姿はきれいだけれど、種になると、なんだか本性を出したな〜という感じ。
根が、わりに浅くて、心元なかったけれど、なかなか気の許せないやつです(笑

RIMG0330.jpg


ヒメイワダレソウが咲き始めました。まだ、十分な蜜を出していないのか、訪花はなし。
どんどん勢力を拡大中。さて、ラベンダーやカラミンサと共存できるのか。
この夏の観察テーマの一つです。

RIMG0320.jpg


RIMG0312.jpg


今のところ、大丈夫そう。ヒメさまが一面に広がると、けっこうな蜜源。
が、ほかの雑草との闘いはどうなるのか。興味深々です。

スカビオサに来ているのを発見!

RIMG0300.jpg


ふーん、来るんだ・・・
と観察していたら、2,3分して、どこかに飛び去ってしまった。

探してみたけれど、蜜がなかったのかなあ・・・

「蜜、ありました?」とお尻をつんつんして聞きたくなる。

これも、ミツバチに聞いてみたい花。
ルッコラ。

RIMG0358b.jpg


2年目に栽培したときには、ちょっとした分量だったためか、ずいぶん来ていたのだけれど、以来、ほとんど確認できていない。花の量と咲く時期がベストマッチした年だったのかも。
今年は、そこそこ咲いているんだけど、来ていたのは1匹だけ。
やはり2,3分したら、飛び去っていった。

なかったのかな・・・

1匹だけで来ているミツバチは、探究心が旺盛なのか、我が道を行くタイプなのか、不器用なタイプなのか・・・
なぜ、ここにあなたは・・・とつい考えてしまう。

単に「そこに花があるから」、いや、「たまたま花があったから」なんだろうなあ。

RIMG0373.jpg


ただいまの一番人気はこれ、ですね。
ブラシノキ。

ブンブンです。

長いおしべをかき分け、花にもぐり込んでしまうので、撮影がとっても難しい。
今年こそ!と思いつつ、今年もやっぱりうまく撮れなかった〜。

RIMG0376.jpg


オーストラリア原産。
もともとオーストラリアにミツバチはいなかったから、現地では、どんな虫たちが、この花に群がっているのかしら。

RIMG0284.jpg


花いっぱいの時期。養蜂家も忙しいです。
今年、2回目の採蜜でした。

2015年05月14日

ブラックベリーが大人気!

ガーデン中の花が一斉に咲き始めました。
レポートをと思いつつ、GWのお楽しみなどで忙しくて、更新できず…。
facebookページでは、逐次アップしていますので、そちらも合わせてご覧ください。

少し遡りつつ、ガーデンの花とミツバチの様子をお伝えします。

ゴールデンウィークといえば、この花!

RIMG0178.jpg


タイムです。今年も見事に咲きました。

RIMG0286.jpg


今年初めて咲かせたアンジェリア。別名ハゼリソウ。
お試しだったので、そんなに広いスペースで咲かせなかったにもかかわらず、たくさん来てくれています。
栽培は簡単。種を蒔いただけ。

RIMG0180.jpg


常連さんのヤグルマギク。
これもなにもしないのに、毎年、どんどん増えています。
今年こそ、ちゃんと種採りをしなくっちゃ。

RIMG0203.jpg


サルビア・プラテンシス
これは、春から初夏にかけて咲くサルビアです。
ミツバチが大好き。

RIMG0230.jpg


じゃーん!!!
今年最大の有望株、ブラックベリー

RIMG0274.jpg


もうこの風景を見るたびに顔がほろこんじゃいます。
豊作間違いなし!

RIMG0253.jpg


だって、すべての花にミツバチがいるんじゃないの?!というぐらい大人気なんですから。

ボイズンベリーも植えているのだけれど、あまりに繁ってしまい、どれがどれだかわからない〜。
まあ、実をつけてくれたら、わかるかな。
ん?ほとんど同じというウワサあり・・・ま、いっか。

で、ラズベリーが心配になって観察してみたら・・・

RIMG0334.jpg


来てた・・・ほっ
こちらも豊作かな。

さて、問題も発覚!

RIMG0223.jpg


一面のクリムゾンクローバー。
ミツバチも、とてもお喜びの様子。

RIMG0214.jpg


が、しかし!!!

RIMG0305.jpg


よくみると、コイツが大量に発生中。
レンゲの天敵であるアルファルファ・タコゾウムシ。
コイツのおかげで、レンゲの蜜は今や幻と言われるほど。
すぐ向かいの田んぼに咲いていたレンゲも、見た目は花畑だけれど、近くに行くとまともな花が少ない。
すべてコイツのおかげ。

RIMG0224.jpg


レンゲが咲いている〜!
と思うでしょ。

ところが・・・

RIMG0213.jpg


RIMG0220.jpg


こんなふうに花をよくみると、とってもみすぼらしい花ばかり。
ミツバチの滞在時間も、とっても短い。
それでも蜜源としては優れているので、ミツバチはたくさん来ます。
でも、ほとんど蜜はないはず・・・

RIMG0214.jpg


そして、ここにも、ヤツが…。

このレンゲ畑は早々に田んぼに鋤きこまれてしまいました。
コイツが蛹になって成虫になってしまうと、また、爆発的に増えてしまうから。
幼虫のうちなら、鋤きこんでしまえば、ある程度、絶やすことができます。
とはいえ、クリムゾンクローバーの状態をみると、増えちゃっているみたい・・・
ということで、ガーデンのクリムゾンも、GW明けに鋤きこんでしまいました。

来年は、アンジェリアを植えるかなと思案中です。