2012年03月13日

いち早く春を告げる花 ヒサカキ

春めいてきたなーと思うと、冷え込んだりの繰り返し。
そうやって、毎年、春は少しずつ私たちのもとにやってきます。

渥美半島の養蜂家の方から、ビシャ=ヒサカキが咲いたと聞きました。
三重や和歌山でも開花したそうです。

420232_128833960577430_100003524793857_110301_207375075_n.jpg


ヒサカキはツバキ科の樹木で、樹林の中なら高木に、乾燥した環境の厳しいところでは低木のままと臨機応変に生息できるため、照葉樹林帯ならどこでも見かけることができます。
いち早く春を告げてくれる花の一つですね。
「春ですよ〜」と小さな声でささやいているような地味〜なところに好感が持てます(笑)

IMG_0120.jpg


養蜂家の方はミツバチ目線だから、春の花にはとっても敏感。各地の養蜂家の方から、花の情報が飛び込んでくると、ミツバチと一緒にうきうきしちゃいます。
みなさんのところでは、どんな花が咲き始めていますか?ミツバチは来ていますか?どんどん情報をお寄せくださいね。お待ちしています。

facebookページでも情報交換をやっています!


posted by みつばち at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のみつばちと人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする