2011年09月15日

八重山諸島で出会ったミツバチの好きな花たち

仕事で八重山諸島にある鳩間島に行ってきました。
仕事だと言っても、みんなに羨ましがられました(笑)
その合間にどうしても目が探してしまうのが蜜源植物。

まずはソテツ。

DSCF7691.jpg


これは雌花。雄花の出す花粉目当てでいろいろな虫たちが来るそうです。もちろんミツバチも。
ただし、裸子植物で風媒花です。

これはドラゴンフルーツ。
もう実になっています。

DSCF7693.jpg


サボテン科なので、これも花粉源です。
花が咲くのは、夜から朝方にかけて。なので、ミツバチが訪れるのは朝、5時ごろから6時ごろの間となります。

DSCF7727.jpg


↑ギンネムの花。
ほぼ1年中咲いているので、ミツバチにとっては、とっても便利な花。これも花粉源です。

あまりにそこいら中にあるので写真を撮り忘れましたが、タチアワユキセンダングサなら、蜜も、花粉もたっぷりくれます。

ところで鳩間島には、アシナガバチは観ましたが、残念ながらミツバチはいないようでした。
すぐ前にある西表島には、野生化した西洋ミツバチの存在が確認されているそうです。