2011年08月16日

ルリマツリと日本みつばち

毎日暑いですね。
真夏は、花が少なくなるとき。ミツバチたちは、どんな花を訪れているのかな…。

庭のルリマツリに毎朝、日本みつばちが来ています。
南アフリカ原産の花に日本みつばちというショットが可能になるなんて、現代ならではです。

rurimaturi5.jpg


毎朝、日の出とともに訪れているようです。
すごく忙しそうに花から花へ飛び回っています。
見ていると、きれいに咲いた花よりも、開きかけている、あるいは閉じかけている花の方を選んでいます。たぶん開きかけの方かな。
面白いことに10時ぐらいを過ぎると、いなくなってしまいます。

rurimaturi4.jpg


花粉団子を付けているから、花粉はもらっているようだけれど、蜜はどうなのかなあ。
長い管を持っている花で、管の先を吸ってみると甘いです。
ということは、ミツバチには届かない。

花を分解してみました。

rurimaturi7.jpg


やはり花粉、ですね。

育てるのが簡単だし、花の時期が6月から9月ごろまでと長いので、ミツバチにとってはありがたい花ですね。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。