2011年07月10日

ひまわりの間引きなどを行いました

いよいよ夏本番ですね。
先日、播いたヒマワリやコスモス、高嶺ルビーの様子を見がてら、間引きを行いました。
9時半に谷保駅に集合したときには曇り空だったのに〜曇り
10時ぐらいからは太陽が顔を出し、ぎらぎらの夏空になってしまいました晴れ とほほ…。

DSCF7431.jpg


天水だけなのにヒマワリもコスモスも、ちゃんと芽を出して元気に育っていました。

DSCF7429.jpg


高嶺ルビーも。
んー、でも、早く播きすぎちゃったな。
キヅタが、ものすごい勢いで繁殖中だったので、きれいに取り除いてあげました。

来年は、こんなに暑くなる前に種を蒔こうとみんなで誓いましたたらーっ(汗)
現在、市内の巣箱は約40箱。国立の面積なら、およそ60箱ぐらいまでは大丈夫。ただし、蜜源がちゃんとあってのことです。

DSCF7417.jpg


近くの家の庭先のチェリーセージにミツバチが…。
とてもせわしなく動いていて、花の付け根でうろうろ。
チェリーセージは花粉をくれるはず。
そこから花粉は無理だと思うよ…と教えてあげたくなりました。
クマ蜂が空けた穴でもあるのかな?

畑のヒマワリやコスモスは蜜源植物としてとても有効。
でも、各家庭の庭の園芸植物にも、どんどん蜜源・花粉源植物を取り入れてもらいたいです。
なので、みつばち百花では、訪花の確認できた園芸種もデータにどんどんアップしています。
庭づくりの参考にしてくださいね。
蜜源・花粉源植物データベースはこちらです。