2011年05月07日

蜂源郷長野ツアー その1 ハッチ&クロちゃん

GWに長野県富士見町の富士見高校のみなさんと一緒に1泊2日で長野みつばち天国を堪能してきました。私たちにとっては、桃源郷ならぬ蜂源郷でした。

昨年から連携して百花プロジェクトを実施している富士見高校養蜂部ハッチ・Bee・8にも、新入部員がなんと10名も増えました。
みつばち百花と同じく、こちらも女子が優勢。
OBの3人も参加してくれました。

DSCF6517.jpg


みんなでミツバチさん〜。
前列の4名が新入生です。

相変わらずハッチたちは、進化の速度がすごい。

キンリョウヘンを培養していたり、スイーツの開発をしていたり、イチゴハウスをつくっていたり、ビーガーデンを整備していたり、プレゼンにコマ落としを取り入れていたり、部員紹介がおしゃれな動画になっていたり…

ひたすら高校生パワーに心地よく圧倒される百花メンバー一堂でした。
今回は、やはり連携先のNPO法人くにたち富士見台人間環境キーステーションのスタッフで一ツ橋大学の方2名も同行しました。ほぼ同年代の新たな出会いから、なにか生まれそうな気配です。まさに「ミツバチがつなぐ夢」です。

初日の午後は、まず、クロスズメバチの研究家であるVespaさんのところへ。
冬眠中のクロちゃんたち。

DSCF6455.jpg


丸くなって眠っている風情がかわいいです。
しばらくするとごそごそし始めて…

DSCF6447.jpg


なんとなくまだ寝ぼけた感じでスローだけれど、肌寒いくもり空めがけて飛び立っていきました。女王蜂たちは、これから1匹で巣をつくり、子孫を増やしていきます。
途中には危険がいっぱい。飛び立つ様子は感動的でした。

クロスズメバチは地蜂と言われるもので、蜂の子は本来はこのハチの幼虫やさなぎのこと。子どものころに印を付けて、飛んでいく跡を追い、巣を見つけて遊んだ人も多いようです。
クロちゃん(といかにも親しげでしょ。以前なら、ハ、ハチ…とこんなのがうようよそばにいたら落ち着かなかったのに、今ではじっくり観察してしまいます)は、ほかの虫を捕獲し、肉団子にして、そのエキスを吸います。だから、食べ終わった肉団子はカラカラなんだとか。
あの細い腰回りだとエキスしか通らないもんね。

これはクロちゃんたちの巣。

DSCF6481.jpg


スターウォーズにナントか星人の要塞とかで出てきそうです。
唾液や尿で木の皮や土をくっつけてつくるのだそうです。
蜂たちの丁寧なお仕事ぶりには、いつもながら感心させられます。
黒と白のシマシマの入り方も実におしゃれです。

Vespaさんによると、ちょうどほかの虫の幼虫たちがどっと出てくるころに合わせてクロちゃんたちも動き出す。スズメバチの生態はミツバチとはかなり異なるので、一度聞いただけでは疑問だらけ。また、いろいろ教えていただきたいです。

というように蜂三昧のツアーは始まったのでした。

DSCF6508.jpg


posted by みつばち at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばち百花PT@各地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする