2011年04月05日

小松菜とのらぼう菜

早く原発が収束しませんかねぇ…。
収束したら、早速、ひまわりの種を蒔きに行きたいです。ダメもとで。
といっても、今年のシーズンには間に合いそうにないけれど。

みつばちの庭@三鷹は、ただいま、春の代表的な蜜源花粉源有力植物であるアブラナ科の小松菜とのらぼう菜の花が満開です。どちらも野菜だから、花を見ることはあまりないはず。
道行く人は、みんな「菜の花だ!」と言います。

2011-04-01 14.08.09.jpg


手前はこぼれ種の伝統小松菜。奥がのらぼう菜。
アブラナ科に占拠されたみたい。

komatu.jpg


こちらが小松菜。

nora.jpg


こちらがのらぼう菜。
毎日、見比べているけれど、違いは微妙〜。
葉はまったく異なるんだけど。

こんなに近くで小松菜が咲いていても、不思議なことにのらぼう菜は交雑しません。
だから、自家採種向きです。
早速、種を付けているから、来年も、また、蒔けそうです。
種、採るぞ〜!

もう少し庭が広かったら、食用にも育てたい。クセがなくて、やわらかくて、とってもおいしいから。

こんなにたくさん咲いているのに、まだ、ミツバチの訪花確認はできていません。
いないのかなあ…。
アブは来ていたけれど。

小松菜はこぼれ種から我が物顔に占拠しているし、のらぼう菜は一度は青虫に白骨化されたのに蘇った。春の伊吹を体現したような花の前を通るたびに「しっかりしてよね!」とエールを送られているような気がします。



posted by みつばち at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばちの庭@三鷹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする