2010年07月19日

スギだって行きます! (調査:済州島編)

日本では花粉症の原因というので嫌われるスギ.あの大量の花粉をいっそミツバチが集めて利用してくれたらいいのにと,そんなときに限ってミツバチって役に立たないねっていいたげな目線が向けられます.

さて,海南島の次の調査地点は,韓国,済州島.ここで何とスギに頻繁にミツバチが訪れていました.スギの樹脂を採集してプロポリスを作っている?とにわかに調査団は興奮したものの,実際は...


P7121747.JPG

スギを訪れるセイヨウミツバチ.そこには何が?


スギの樹脂も利用するかも知れないけれど,今回は少なくともハズレだった.調査の目的からすれば残念だったけど,これはこれでまた新しい発見.
minilogo.png期待を持たせて申し訳なかったけれど,今回集めていたのはカイガラムシが出す甘露.甘露を原料にミツバチが作るハチミツは日本ではなじみがないけれど,ヨーロッパではモミのハチミツとかが有名.ハニーショップなどで,もみの花から集めた蜜ですよなんていわれることもあるけれど,それは間違い.アブラムシが樹液を吸って,不要な部分,といってもまだまだ甘味が残っているものを葉の上に落としていくのでこれを集める.甘露を原料としているから甘露蜜って呼ばれてる.

P7121754.JPG

白く見えるのがカイガラムシ(上の写真でもミツバチが接近している右下の方に姿が見える)


minilogo.png日本でもクリなどでミツバチが葉の上に落ちた甘露を集めることはあるけれど,量的に少ないから,これだけでハチミツはできない.済州島でもこれでスギのハチミツが採れているわけではなさそう.ただ,済州島は,スギもあるし,日本と植生が大きく変わらないから,セイヨウミツバチとしては同じようにやっていけそう.でも,実は小さな島だけど標高差が大きいから,気候的な変化にも富んでいる.そんなこともあってか,この島の人たちは,けっこうミツバチを大切に飼っていてくれるって印象だった.屋根付きの蜂場も多かったし.
確かに.みんなミツバチが好きそうだった.この写真の二人,夫婦で調査にも協力してくれたんだけど,奥さんが煙をかけて,ご主人がむだな巣や王台を切り取ったり,息が合っていてうらやましかった.継ぎ箱を外すのも再度載せるのも二人で力を合わせてで.今回,調査に関して全面的にお世話になった済州島養蜂協会の会長さんも,まだ若いけど,すごくいい人だった.標高15mから580mまで,いろいろな蜂場を案内してもらえた.


P7121764.JPG

韓国も巣箱は独立ではなく,ラインに並べる傾向が.巣箱のの上には雨よけや断熱材が乗せられていることが多い.


植生が近いことで海外に来た感覚に乏しい韓国.日本から一番近い国だけど,文字が読めないので中国よりも気分的には距離を感じる.ミツバチ関係で日本と雰囲気がちがったのは,サボテンでの採蜜.葉の先端にラディッシュのような赤い実のなるサボテンの花は黄色.味見させてもらったけど,さわやかな酸味がやや強いハチミツでした.

P7111622.JPG

花粉は粒径が大きいのか団子にして持ち帰らないけれど,おしべの根元まで潜っては蜜を集めてた.


minilogo.pngミツバチは同じセイヨウミツバチなんだけどね.飼われている地域でそれぞれちがうから面白いでしょう.ミツバチは自然を相手にしているから,たいていの環境の変化にはついていける.文字が読めないとか,そういう問題で悩んだりはしないもの.初めて出会う花だって,すぐに蜜や花粉の集め方くらい覚えられる.人間とどっちが賢いかな?
そういわれると身も蓋もないけれど,同じ次元で,食べ物に関していえば,韓国料理は美味しくて,日本人の口に合うし,食べ方にも共通点は多い.これを美味しいと思う人なら,共通認識あるはずだから,何を食べても安心できると思うし.お茶碗は持ち上げちゃいけないとか,そういった食べ方は,韓国の人に習ったけれどね.箸が平たくて重くて持ちにくいとか,焼き肉は日本のは薄すぎておいしさが今ひとつだとか,そういう評価もちゃんとできました.調査の成果は,そういう意味でもたくさんあったということで....

posted by みつばち at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ミツバチの気持ち by Junbee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草食系でも、肉食系でもない、ミツバチ系女子の誕生!

夏真っ盛りです。
以前、お伝えした長野県富士見高校養蜂部から、最新の活動報告がありました。まさに青春真っ盛り〜!
ミツバチと一緒にあつーい夏をすごしているようです。

次の北信越大会に向けて、かなりプレッシャーですが、みつばち百花の方々、またみつばちさん達に喜んでもらえるよう想いを込めて発表してきます。

期待してまーす!


また「ミツバチの庭」完成おめでとうございます。とても素敵なお庭ですね。みつばちさんが訪花したら教えてください。とても興味があります。

ありがとう!
でも、この庭でミツバチを確認したことがないんですよ。
すぐ近くのハーゲンベルギアの生垣には来ていたから、いないことはないのだけれど…。

ここ数日、みなさんが素敵な活動を沢山している間、私達のみつばちさんも多くの変化がありました。
まずは、私達の友達です。餌をあげると喜んできます。


私達のお友達.jpg


手乗りミツバチ、ね!

内検の時は、面布をつけます。

巣枠の内検.jpg


めっちゃたのしそう!

其の1 本校初!みつばちさんの分蜂。
みんなで、みつばちさんの渦の中に入り、自然に帰っていくみつばちさんを追いかけました。


本校初分蜂.jpg


周囲に自然がたくさん残っていると、帰るところがたくさんありそうでイイネ!

其の2 巣箱の中がみつばちさんで満杯状態。暑くて外で涼んでいます。

暑いよ〜.jpg


そうそう、ミツバチも暑いと涼みに出てくるんですよ。


そこで、換気口を増加。
すると、1センチの穴からみつばちさんがこんにちは!キャーかわいい〜


穴からひょっこり.jpg


ミツバチは小さな穴が大好き。
そうか、こんな感じで覗いているんだあ。
かわいい〜!!!

また、継ぎ箱をつけてあげました。 かなりかっこ悪いですが・・・

継足し巣箱.jpg


マメですねー。

其の3 ショック!みつばちさんの「大量蜂児捨て」

ショック.jpg


原因追求・対策のため、
@蜂児の調査
A巣箱内外に温度計設置
Bスムシの調査
C本校農薬散布の現状調査
D多少の給餌をしました。


しかし、ショックの中でも新たな発見! 蛹の成長過程が確認できました。へぇ〜、はちさんの触角って後半の過程で形成されるんですね。(


蛹の成長過程.jpg


なんとすばらしい観察力!


其の4 私達の赤そばが花を咲かせました。さて、私はどこでしょう?

赤そば畑で.jpg


みつばちさん訪花!
感動の瞬間です。


赤そばに訪花.jpg


愛されているなあ〜

同養蜂部では、蜜源・花粉源植物の増殖として、チャイブの種子採りや金稜辺の培養、卒業記念の記念樹として毎年後輩たちに残す樹木の選定などにも着手。

外敵・農薬の学習と対策チームでは、スズメバチさんもみつばちさんも“感情を持った生き物”両者を傷つけない方法を考え、「なかよし君」を作成しました。また、シャーレでスムシの飼育を試みています。

ん?これってどんなもの?

このほか、富士見高校みつばちさんキャラクターの作成や、ブログ開設をはじめさまざまな企画を計画中。
なんと8月8日には、はちさんの日祭りを開催するそうです。
内容は採蜜と、できれば、はちさん劇場 第2話 計画中だとか。

実はみつばち百花が10月31日に予定しているハロウィンかぼちゃパーティのイベントでは、はちさん劇場の開催をお願いしています。

と、書ききれないほどの活動内容で進化しつづける富士見高校養蜂部。
養蜂家といえば「おじさんたちの趣味」というイメージを払拭し、女子高生と養蜂という新たなジャンルを築きつつあるかも。それも持続可能な養蜂という王道を、です。
次の波は、女子高生(あ、部員にはもちろん男子もいます 笑)と養蜂に来るか!うん、きっと来る!

草食系でもなく、肉食系でもなく、ミツバチ系、ただいま、正道を驀進中です。




ラベル:長野県
posted by みつばち at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 各地のみつばちと人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする