2009年08月25日

虫愛ずる姫君たち

THCのメンバーさんには、うら若き女性が多い。
みなさん、虫が大好き!
そう、虫愛ずる姫君たちなのです。

女子大生のKちゃんは一眼レフを片手にみつばちをバシバシ激写する。
その腕と情熱を見込まれて、今や、中村先生の撮影係りとして日夜、走りまわっている。
いい写真のためには、面布は邪魔!と素面(っていう?)と素手で接写しながら、「楽しいな、みつばち」とつぶやく。
そして、「油断をしてはいけない」と用心も忘れない。

BeeMちゃんは、卒業して今は学校の先生。
なんと校舎のベランダでみつばちを飼っている。
先生に負けず劣らず、みつばち[E:heart]!
机の周り、ベッドの中、バックの中の小物類、とあらゆるところにみつばちあり。
Mちゃんを愛する人には、みつばちがもれなく付いてきます(笑)

KちゃんもMちゃんも、ただ、みつばちが好きなだけじゃなくて、ちゃんと「科学の目」で見ていていつも感心する。
例えば、Kちゃんは写真を撮りながら、しっかりみつばちたちの様子を観察しているし、
Mちゃんはミツバチ科学研究施設の研究生だっただけのことはあって、ブログを見ていると、「おお!」の連続。そのうちおいおい、ご紹介しましょう。

このところ、姫たちの間で話題なのは、もちろん熊田千佳慕翁のみつばちや虫たちの絵。
今日で終わってしまったけれど、会場にかけつけた姫多し。
みんなの感想はいろいろだけれど、共通しているのは「やっぱりみつばちが一番かわいい!」

どうして女性はこんなにもみつばちに惹かれるんでしょうねぇ。
女系社会だから?

私は、あのふわふわした金色の、まるでゴージャスな毛皮をまとったような胸の辺りが好き。それと黄色と黒のコントラストも。
豹柄とか、虎柄というのは、女性を魅了する何かがあるのかしら・・・。







posted by みつばち at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ミツバチと一緒にHappy Honey Days  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。