2009年06月01日

TAMIさんのはちみつレシピ満載ブログ

東京はちみつクラブの会員さんのTAMIさんのブログ「ハチミツなジャーナル by PRISTINE」には、おいしそうなはちみつを使ったレシピがたくさん掲載されています。

先日の蜜会では、味噌とオリーブオイルとはちみつの組み合わせを教えてもらい、早速、トライ。なるほど、意外な組み合わせだけれど、これはありですね。ヨーグルトやマヨネーズ、レモン汁などを入れて混ぜれば、本格的なオリエンタル・シーザーサラダのドレッシングになります。

海外での生活経験が豊富で、お料理好きなTAMIさんならではのレシピの数々。ぜひ、お立ち寄りください。

蜜会で会うたびにはちみつ談義に花を咲かせていますが、やはり食べ方は重要!
珍しいはちみつはみんなで味わってみて、こうしたらおいしいそうとか話し合っています。
はちみつ好きは、やはり食べることが大好きです!

蜜会への参加をお待ちのみなさん、開催が遅れていてすみません!!!
近々、開催しますので、少々お待ちください。

巣の上にカフェ?!

国分寺の巣箱はどうなったの? ですよねぇ。
残念なことにご入居いただいておりません。(u_u。)

でも!なんとすぐそばの排水口跡にはいます!( ^ω^ )
その排水口とは・・・カフェスローの土台部分なんですよぉ。
ということは、巣の上にカフェがあることに?!

ちょっと見えにくいところですが、上から見てみると、忙しく出入りしています。
カフェのお客さんたちは気づくはずもない、ちょっとスペシャルな場所なんです。
そう、東京はちみつクラブの会員でないと気がつかない場所ですねぇ(笑)

最近は、ビルの上での養蜂がずいぶんと注目されているけれど、日本みつばちたちは本来はこういう目立たないちょっと薄暗いところが好きなんですね。
土着のみつばちたちが、とても機嫌よく過ごしているかたわらでお茶が飲めるなんて、考えてみたら、スゴイことです。

そう考えるだけで和めてしまうのが当クラブの会員資格?なんてね(笑)

みつばちたちの受難がこのところ報道されていますが、彼女たちが生き易い場所は私たちにとっても快適な場所。だからこそ、自然に住み着いた彼女たちと寄り添っていきたいなあと会員さんたちと話し合っています。

巣箱を置いてみただけで、いろいろなことに気づかせてくれるみつばちたち。みつばちが機嫌よく住み続けられる場所をどのように私たちが創りだしていけるのかを考え、行動できるきっかけづくりにしたいです。そのためにみつばちたちからのメッセージを受け止めようという新プロジェクトを検討中。人類の永遠の友を大切にしなくっちゃ!

巣箱はすっかり見えなくなりました。そこにあるというだけでヘブンリーガーデン。

Rimg0007

posted by みつばち at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばち百花PT@国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする