2007年05月29日

バラ園でハニーウォーク

日曜日は、お天気もよく、絶好のハニーウォークになりました。

Fi2621321_1e

まずは、ハチミツが取れる代表的な街路樹である桜、マロニエ、ユリノキの今年、採れたばかりのはちみつでお勉強しました。
今回は、たくさんの子どもたちが参加してくれました。

「みんな、味が違うね!」
「おいしい!」

Fi2621321_2e

さて、いよいよハニーウォーク開始です。
早速、会場裏手にあるクローバーの花畑を藤原みつばち先生が発見しました。

ブーンと飛んでいくと、参加者の子どもたちが追っかけます。
クローバーは、みつばちが大好きな花です。

でも、残念ながら、もう、花が終わりかけていて、みつばちはわずかしか確認できず。

ケヤキ並木を通って、公園へ。
ケヤキの上空は、みつばちたちの結婚場所。
ケヤキの花は虫を呼ぶ花ではないので、ほかの虫の邪魔が入らないためではないかということです。

Fi2621321_3e

満開のバラ園で西洋みつばちも、日本みつばちも発見!
ちゃんといるんですね。

大騒ぎの人間たちを尻目に、みつばちたちは花にもぐりこんでとても忙しそう。

Fi2621321_4e

子どもたちは夢中になってみつばち探しです。

大人たちも、もちろん。

「みつばちって、コワイ虫じゃないのね」
「かわいい」
「こっちにもいる!」
「あ、いた!」

この花はどうかな?
ここにはいるかな?
と、みつばちを探していると、いつのまにか花から花へとみつばち気分に・・・

みつばちの目で花を眺めてみると、
自然をとても身近に感じます。

ソトコトの取材陣もご一緒でした。
この様子は近々、紙面に掲載される予定です。

Fi2621321_5e

こんなふうに花粉がはっきりわかるような花が、みつばちは大好きらしいですよ。

公園内では、あちこちで大音量で音楽の演奏が行われていました。
みつばちは、大きな音がちょっぴり苦手。
お天気がいい今日は、静かな公園で、たくさん飛び回っているかもしれませんね。