2007年05月14日

みつばちの目で行くお鷹の道

みかんの花が花盛りでした。

Fi2621318_1e
ハナダイコンです。
これは4月中旬に下見に行ったときのもの。
今回は、まだ、ちらほら咲いていました。

Fi2621318_2e
こんな花も咲いていました。

Fi2621318_3e
蜜が採れるのかしら?

Fi2621318_4e
柿の果樹園。花はもう少し後です。

Fi2621318_5e
これはシャリンバイ。染料に使われますね。
残念ながら、これはたぶん蜜は採れないはず。

畑にはネギの花が咲いていました。
花が少ないと、ネギの花にも、みつばちたちはご訪問。
そうすると、とっても臭いはちみつが採れてしまうそうです。

今回、見つけた蜜源植物は、びわ、キーウィー(花粉)、さくら、アオイ、コガネモチ、エゴノキ、キリ、ネギ、カキ、ダイコン、ハス(花粉)、ウツギ、ブドウ、など。
お鷹の道は、さて、どんなお味の蜜が採れるのでしょうか。

今回の蜜会のレポートは、LJ21が運営している「今週の私」に先週、参加してくださったカフェ・スロー店長の間宮さんが書いてくださっています。
ぜひ、こちらもご覧ください。

では、次回のハニーウォークは、5月27日(日)14:30〜15:30で代々木公園(明治神宮になるかも)です。お申込みは、こちらのメールアドレスへ。
localj*cds.ne.jp
(*の部分を@に変えてくださいね)

参加費は、1000円(ワンドリンク付き)です。
歩く前に、少しだけ、みつばちについてのお話をします。
雨天の場合は、はちみつのテースティングとなります。

顧問の藤原さんは、これが終わったら、盛岡にみつばちたちを連れて帰ります。