2006年09月14日

白神山地のはちみつ

仕事で白神山地へ。
(何の仕事なんだ?と思われるでしょうねぇ。でも、仕事なんです)
泊まった熊の湯さんに置いてあったのがこれ。

白神山地のはちみつ、というだけで、おいしそうです。
鹿児島から、みつばちを連れて、養蜂家が採りに来るそうです。

Fi2621269_1e
熊の湯です。まさに秘湯!
ご主人の吉川隆さんは、もちろんマタギです。

白神山地は今では世界遺産に登録されたため、とても有名になりましたが、以前は弘西山地と言われていたそうです。

白神山を中心とする白神山地は13万ヘクタールにもおよび、世界遺産に登録されたのは1万6971ヘクタールにすぎません。その多くの面積を占めるのが、この熊の湯のある青森県鯵ヶ沢町です。

秋田側は観光資源としての活用が活発ですが、鯵ヶ沢町はミニ白神という誰もが簡単に行ける森林公園を整備しただけなので、山は入山規制も厳しいため、とても静かです。

Fi2621269_2e

Fi2621269_3e
山の水を集める赤石川が育む鮎です。金鮎と呼ばれています。
天然鮎が90%以上という、大変珍しい川です。

吉川さんたち川を守る清流会の面々は、日本一の川だと自負し、川の整備に力を入れています。
吉川さんは、青秋林道建設計画を阻止し、当時、白神の山を守るために闘ったリーダーのお1人です。

鮎をいただきましたが、深い味わいの鮎でした。
頭から食べても、何も残らず、ほんのりとした苦味が忘れられません。

ここでしか味わえない鮎をみなさんもいかがですか?

熊の湯
<0173−79−2518> 青森県西津軽郡鯵ヶ沢町大字一ツ森大谷39−1
赤茶色の含塩化工類食塩泉、皮膚病などに効果があるそうです。
営業期間:6月1日〜10月31日



posted by みつばち at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ミツバチと一緒にHappy Honey Days  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。