2006年07月13日

数字で知る みつばちの健気さ

蜜会2006の第2回目「花粉の秘密」(7月8日開催)で解き明かされたみつばちたちの労働状況です。

花の最盛期
巣と花の1回の往復飛行で得る花蜜 20〜30mg 
糖としては10〜15mg

1日に花に通う回数 10回

1匹のみつばちが一生のうちで蜜を採りに行ける期間 約10日間

一生のうちに採ることができるはちみつ
10回/日 x 15mg x 10日間 =1500mg
ただし、天候、季節、場所に左右される。

はちみつには20%の水分が含まれているのではちみつに換算すると・・・1.8gほど。
スプーン1杯はおよそ6g

一生に1匹のみつばちが集めるはちみつは、実はスプーン1杯にも満たないのです。

みつばちの行動範囲はおよそ半径1.5km
1回の飛行を人換算をすると、片道100kmの出張とほぼ同じ。もちろん徒歩です。

おまけに体には飛行のためのエネルギーとして半分のはちみつしか入れて行かない。なぜなら、満タンにして帰らなければならないから。

あまりの健気さに言葉を失います。
スローフードがどうしたなんて、みつばちの前では言えないです。

みなさま、みつばちたちにしっかり感謝して、はちみつをいただきましょう。

posted by みつばち at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばちたちの秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする