2006年07月07日

巣だっていろいろ

これなーんだ?

Fi2621258_1e
マメコバチの巣!
昔、屋根に葺かれていた萱が巣です。

Fi2621258_2e
ここは静かなりんご園の中。

Fi2621258_4e
マメコバチの成虫は秋ごろ、この萱の中で孵化し、冬を過ごします。桜の咲くころに出てきて、6月ぐらいには卵を産んで死んでしまいます。
1本の萱がそれぞれの雌にとっての巣になるわけですが、その萱がたくさん集まって集団営巣になるようで、みつばちの営巣とはかなり異なります。

受粉のために飼養されており、今回もさくらんぼの畑でも見かけました。
もちろん寒い冬の間は、雪に埋もれてしまわないように別のところに移動させます。

岩木山が見下ろすこんな絶景の場所で、おいしい減農薬のリンゴが育まれていました。この手前がりんご畑です。

青森県鯵ヶ沢町は、どこからでも岩木山を仰ぐことができて、あ、ここもいい、あそこもいい眺めと、思わずデジカメ撮りまくりになります。

ラベル:受粉 マメコバチ
posted by みつばち at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | みつばちたちの秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日はいよいよ蜜会2006第2回

前回に引き続き「はちみつ」にぐっと迫る内容です。
今回は花粉!

顕微鏡で花のいのちともいえる花粉を観てみます。

1)花粉がハチミツ中に含まれる理由
2)花粉が伝えるもの,蜜源植物とその純度
3)なぜ単花ハチミツができる(ミツバチに聞いてみる)
4)なぜ単花ハチミツができる(養蜂家に聞いてみる)
5)単花ハチミツと呼ばれるものはどんな特徴が?(色,花粉種,花粉数,花粉
種数,花も?)
6)テースティング:味を覚えるためには文学が必要?

などなど、盛りだくさんです。
会場は今回も始めての「おいしさ科学館」。
浜松町から歩いて5分です。

7月8日(土)15:00〜
8Fセミナールームにて。

ご希望の方はぜひいらしてください。
お申込みはLJ21事務局まで。
ローカル・ジャンクション21のホームページにある「東京はちみつクラブ」をご覧ください。

ラベル:花粉源
posted by みつばち at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 蜜会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする