2005年12月21日

はちみつパックでお肌つるるん なるか

このところ仲間うちでハチミツ関連の本を読んでは、「ハチミツを食べていると死なないみたいだよ」なんて言い合っています。

Fi2152592_1e
もちろん人間の致死率は100%なわけですが、本の中に踊る「老化防止」や「殺菌力」「疲労回復」なんて言葉についくらくらしてしまいます。
そういえば祖父は91歳、祖母は88歳で他界しましたが、直前までハチミツとヨーグルトの朝食を欠かしていなかったな・・・と急に思い出したりして。

最近は前回のコラムでも書きましたが「美肌効果」という言葉にすこぶる弱くて、「なんでもやります、アタシ」状態です。
このムックによると、ハチミツで便秘解消、血行がよくなるのでお肌にいいのがまず一つ。そのまま塗っても殺菌力があるので肌のトラブルを防止、果糖の保湿効果、皮膚細胞の活性化を促す亜鉛の含有とあり、すごい期待がもてそう。

早速、お風呂に入るときにハチミツをお肌に薄く延ばし、そのまま湯船にゆっくり浸かる・・・なかなかいい感じです。
もちろん使っているのは精製したもの、加糖されたもの、熱を加えたものではなく、天然はちみつです。

実は私は30年来、さる化粧品会社のハニーローションなるものを使い続けています。どんなはちみつ成分が入っているのか、今まで考えてもみなかったけれど、どうなんでしょうねぇ。私のお肌になんらかの効果があったのかなかったのか。
本当は「ハニ〜」という言葉のもつ力が一番強かったりして?

みなさんも何か効果があったら、お知らせくださいね!

別冊家庭画報 はちみつで元気を手に入れる
〜ミツバチがくれた「万能薬」で体イキイキ〜
監修:宇津田含 医学博士・養蜂家
世界文化社 2004年7月刊 1000円



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。