2005年12月17日

はちみつヌーボーパーティその2 ミードワインで乾杯!

今回、ようやく3本だけ空輸してもらって間に合ったミードワインがこれ!
かなりハラハラさせられました。
来週には後を追って船便が到着、盛岡で売り出されるそうです。

8月8日に飲んだものと比べると、こちらは無色透明。
3本を50人で分けたので、結局、ほんのひと口ずつになってしまいましたが、これが前評判とおり、おいしかったです。

Fi2140768_0e
やわらかな甘さのある、さっぱりとした口当たりです。
少し時間を置くと、変化してきて、また違った味が楽しめるとか。
というほど、今回は量がなかったので残念。

中には「プロポリスっぽい」という人も。いずれにしろ、がぶがぶ飲むようなワインではなく、結婚式などのお祝い事の乾杯ワインにはぴったり、という感じです。
このワインに関する情報はこちらをご覧ください。

Fi2140768_1e

また、今回は参加者の方に小さな天使の羽根がついたガラスのスプーンをプレゼントしました。
はちみつの色が楽しめること、舌ざわりがいいこと、味が変わらないことなどから、選んでみました。

実は、オリジナルのスプーンをガラスのアーティストにお願いするつもりだったのですが、思いついたのがちょっと遅くて、間に合いませんでした。
来年こそは!です。

Fi2140768_2e

パーティに参加してくださった方々から、自宅の敷地内でのクラブとしての巣箱設置のご提案や、はちみつを使ったお料理の研究、みつばちやはちみつをテーマにしたイベントなど、いろいろなご提案をいただきました。

東京はちみつクラブでは、「ワインのようにはちみつを楽しもう!」を合言葉に、はちみつを通して人と人、人とモノが出会える素敵な場となれるよう、いろいろな企画を行っていくつもりです。

はちみつを作ってくれるみつばちたち、
みつばちをお世話する人たち
はちみつを売る人たち
はちみつを食べる人たち
みんなが幸せの環の中で暮らせる
そんな“はちみつ新生活”をめざしましょう!